30 日経過すると起動しなくなる | CS6 Suite の一部としてインストール済み

CS6 Suite の一部としてインストール後に Acrobat が起動しない

CS6 Suite の一部としてインストールしてから数日後に Acrobat を起動しても何も起こりません。

重要: 以下の手順は順番どおりに行ってください。 前の解決策で問題が解決した場合は、それ以降の手順は行わないでください。

解決策 1:CS6 の一部としてインストールした Acrobat のパッチをインストールする(Windows のみ)

1. 管理者権限のあるアカウントで、コンピューターにログインします。

2. 以下のリンクをクリックして、パッチファイルをダウンロードします。

ダウンロード

3. 画面の指示に従い、「開く」をクリックします。

4. ファイルがダウンロードされ、展開されます。場所は、オペレーティングシステムとユーティリティに応じて異なります。

5. 展開した Acrofix.exe をダブルクリックして、実行を開始します。

6. 正常に実行されると、コマンドプロンプトが自動的に閉じます。

7. 実行が完了すると、Acrobat が起動します。

解決策 2:コマンドプロンプトを使用して、CS6 の一部としてインストールした Acrobat のパッチをインストールする(Windows のみ)

1. 管理者としてコマンドプロンプトを実行します。

2. 解決策 1 (手順 4)で展開したホットフィクスの場所に移動します。

3. Acrofix.exe と入力して実行する。

4. 正常に実行されると、コマンドプロンプトは終了コード:0 を表示します。

Adobe Acrofix.exe コマンドプロンプト

5. 実行が完了すると、Acrobat が起動します。

解決策 3:別の CS6 Suite 製品から Acrobat を再度ライセンス認証する

重要: 次の指示を実行する前に、インターネットに接続していることを確認します。CS6 Suite 製品の起動を要求されたら、次の製品のいずれかを選択します:Adobe Photoshop、Adobe After Effects、Adobe Premiere Pro、InDesign、Flash Professional、Adobe Illustrator、または Adobe Dreamweaver。

  1. CS6 Suite 製品を起動します。
  2. ヘルプ/「ライセンス認証の解除」を選択します。 画面の指示に従って、ライセンス認証の解除を行います。
  3. アプリケーションを閉じます。
  4. 同じ CS6 Suite 製品を再度起動します。
  5. EULA に同意します。
  6. ご使用の Adobe ID でログインして体験版を登録します。
  7. アプリケーションを再起動します。
  8. 体験版ダイアログボックスで、「このソフトウェアをライセンス認証する」をクリックします。
  9. Adobe ID でログインして登録します。
  10. CS6 シリアル番号を入力します。
  11. 「次へ」をクリックします。
  12. アプリケーションを終了します。
  13. Acrobat X を起動します。

アドビでは、CS6 アプリケーションおよび Adobe Application Manager については、利用可能になり次第、アップデートのインストールをお勧めします。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合