この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

問題点 (Issue)

Windows 版 Adobe Creative Suite 5 または単体の CS5 アプリケーションのインストール時、以下のいずれか、または複数のエラーがログファイルに記録されます。

  • Creating Registry Key Failed - Start 64-bit:<is64Bit> root:<root> role:<role> perm:<permissions> key:<key>. Error:<error>

  • Deleting Registry Key - failure. Error <error>

  • Error occurred: <error code>

  • Deleting Registry Value - failure. Error: <error>
  • Unable to get permissions of "<filepath>"

  • Unable to restore owner <uid> and group <gid> for <filepath>

  • Key opening - failure. Key: <key> Error: <error code>

解決方法 (Solutions)

この問題を解決するには、エラーメッセージに表示されているレジストリキーのアクセス許可を修正し、Creative Suite 5 または CS5 アプリケーションを再インストールします。

まずはじめに以下の A. の操作を行い、問題が解決しない場合は B. の操作を行います。

A. レジストリキーのアクセス許可を確認します

B. Creative Suite 5 をアンインストールして CS5 Cleaner ツールを実行します

A. レジストリキーのアクセス許可を確認します

レジストリキーは、「key:」の直後か、またはエラーメッセージの直後に記録されています。エラーとして記録されているレジストリキーで、親キーのアクセス許可を修正します。例えば、以下のエラーでは「00AB3F0724720E34E9C33DC2408D35F6」キーの直前にある「Products」が親キーです。

Creating Registry Key Failed - Start 64-bit:<is64Bit> root:<root> role:<role> perm: key:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\00AB3F0724720E34E9C33DC2408D35F6\. Error:6

 警告 : 以下の操作には Windows レジストリを編集する作業が含まれています。弊社では Windows レジストリの編集についてサポートしておりません。Windows レジストリにはシステムおよびアプリケーションの重要な情報が含まれます。Windows レジストリの編集を行う際には、事前に必ずレジストリキーのバックアップを作成してから作業を行ってください。Windows レジストリエディタについての詳細は、Windows のマニュアルを参照するか、または Microsoft 社のテクニカルサポートまでお問い合わせください。

Windows 7/Vista

Windows XP

 Windows 7/Vista の場合 :

  1. エラーメッセージまたはログファイルに記録されているエラーを参照し、エラーとして記録されているレジストリキーのパスをすべてメモします。



     注意 : エラーメッセージを閉じている場合は、以下の弊社技術文書を参照してログファイルからエラーを検索します。

    文書番号 cpsid_84615 インストールログの保存場所と解読方法について(Creative Suite 5)

     
  2. [スタート] メニューの [プログラムとファイルの検索](Windows 7)/[検索の開始](Windows Vista)テキストボックスに「regedit」と入力して Enter キーを押します。





     
  3. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [はい](Windows 7)/[続行](Windows Vista)をクリックします。
  4. レジストリエディタが起動したら、以下の a. ~ c. の操作を行いレジストリのバックアップを作成します。
    1. [ファイル] メニューから [エクスポート] を選択します。
    2. [エクスポート範囲] セクションで [すべて] を選択します。
    3. ファイル名と保存先を指定して [保存] をクリックします。
  5. 左側に表示されているフォルダーを展開し、エラーが発生しているキーの親キーを選択します。

    例 :

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\00AB3F0724720E34E9C33DC2408D35F6

     
  6. 親キーを右クリックし、[アクセス許可] を選択します。
  7. [グループ名またはユーザー名] セクションで [Administrators] および [SYSTEM] をそれぞれ選択し、ダイアログボックス下部に表示される [許可] 列の [フルコントロール] にチェックが入っていることを確認します。
  8. [詳細設定] ボタンをクリックします。
  9. [<キー名>のセキュリティの詳細設定] ダイアログボックスで [所有者] タブをクリックします。
  10. [所有者の変更] セクションで [Administrators] を選択し、[サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える] にチェックを入れます。







     注意 : [Administrators] が表示されていない場合は、管理者アカウントを選択します。

     
  11. [アクセス許可] タブをクリックし、以下の項目にチェックを入れます。

    Windows 7 : 子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える

    Windows Vista : すべての子孫の既存の継承可能なアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える





     
  12. [OK] をクリックします。
  13. [高度なセキュリティ設定] ダイアログボックスが表示されたら [OK] をクリックします。すべての子オブジェクトのアクセス許可は、対応する親によってリセットされます。



      重要 : いくつかの子オブジェクトが修正されなかったことを示すメッセージが表示された場合は、[OK] をクリックしてすべてのダイアログボックスを閉じ、この操作を繰り返し行います。

     
  14. 手順 5. ~ 13. の操作を繰り返し行い、すべてのキーを修復します。
  15. コンピューターを再起動し、アプリケーションを再インストールします。

キーが破損している場合、キー名を変更することによってインストーラーがレジストリキーを再作成し、アクセス許可をリセットします。アクセス許可またはキー名が変更できない場合は、Microsoft 社サポート、またはコンピューターの製造元にお問い合わせください。

 

 Windows XP の場合 :

  1. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
  2. [名前] テキストボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。





     
  3. 以下の a. ~ c. の操作を行い、レジストリのバックアップを作成します。
    1. [ファイル] メニューから [エクスポート] を選択します。
    2. [エクスポート範囲] セクションで [すべて] を選択します。
    3. ファイル名と保存先を指定して [保存] をクリックします。
  4. 左側に表示されているフォルダーを展開し、エラーが発生しているキーの親キーを選択します。

    例 :

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\00AB3F0724720E34E9C33DC2408D35F6\

     
  5. 親キーを右クリックし、[アクセス許可] を選択します。
  6. [グループ名またはユーザー名] セクションで [Administrators] および [SYSTEM] をそれぞれ選択し、ダイアログボックス下部に表示される [許可] 列の [フルコントロール] にチェックが入っていることを確認します。
  7. [詳細設定] ボタンをクリックします。
  8. [<キー名>のセキュリティの詳細設定] ダイアログボックスで [所有者] タブをクリックします。
  9. [所有者の変更] セクションで [Administrators] を選択し、[サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える] にチェックを入れます。







      注意 : [Administrators] が表示されていない場合は、管理者アカウントを選択します。

     
  10. [アクセス許可] タブで [子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、ここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する] にチェックを入れます。



  11. [OK] をクリックします。
  12. [高度なセキュリティ設定] ダイアログボックスが表示されたら [OK] をクリックします。すべての子オブジェクトのアクセス許可は、対応する親によってリセットされます。



     重要 : いくつかの子オブジェクトが修正されなかったことを示すメッセージが表示された場合は、[OK] をクリックしてすべてのダイアログボックスを閉じ、この操作を繰り返し行います。

     
  13. 手順 4. ~ 12. の操作を繰り返し行い、すべてのキーを修復します。
  14. コンピューターを再起動し、アプリケーションを再インストールします。

 

B. Creative Suite 5 をアンインストールして CS5 Cleaner ツールを実行します

  1. 以下の弊社技術文書を参照し、Creative Suite 5 アプリケーションをアンインストールします。

    文書番号 cpsid_84612 アンインストール手順(Windows 版 Creative Suite 5)

     
  2. CS5 Cleaner ツールで [すべての CS5 製品を消去] オプションを実行します。手順の詳細については、以下の弊社技術文書を参照してください。

    文書番号 cpsid_83784 Adobe CS5 Cleaner ツールの実行

     
  3. アプリケーションを再インストールします。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー