Adobe Creative Suite 5 Master Collection (Windows 及び Macintosh)日本語版の必要システム構成は、以下のとおりです。以下の要件以外でのご使用は動作保障対象外になります。

最新バージョンの情報については、弊社 Web サイト で Master Collection 製品の必要システム構成ページ をご確認ください。

注意:

2016 年 4 月、Apple 社は QuickTime for Windowsのサポート終了を告知し、アンインストールが推奨されています。詳細については、以下の情報を参照してください。

QuickTime Windows版のサポート終了について

https://blogs.adobe.com/creativestation/video-apple-ends-support-for-quicktime-windows

Windows 版 QuickTime について

https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/cq04220418.html

Windows版 

  • インテル® Pentium® 4 以上、またはAMD Athlon® 64 以上のプロセッサー(インテルCore™ 2 Duo以上、または AMD Phenom® II 以上推奨);
  • Adobe Premiere Pro と Adobe After Effects には 64 -bit サポートのプロセッサーが必要
  • Microsoft® Windows® XP (Service Pack 3) 日本語版、Windows Vista® Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise (Service Pack 1) 日本語版 (Service Pack 2を推奨)、Windows® 7 日本語版
  • Adobe Premiere Pro と After Effects には 64-bit 版の Windows Vista または Windows 7 が必須
  • 2 GB 以上のRAM (4 GB以上を推奨)
  • 24.3 GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要 (取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,280 x 900 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ (1,280 x 1,024以上を推奨)、256 MB以上のVRAMを搭載した 16 -bit カラー表示が可能なハードウェアアクセラレーション対応の OpenGL®グラフィックカード
  • Premiere Pro: GPU アクセラレーションを利用するには、アドビ認定の GPU カードが必要。最新のサポートされるカードの情報は Adobe Premiere Proの必要システム構成のページをご覧ください
  • Photoshop: GPU アクセラレーションを利用する一部の機能では Shader Model 3.0 と OpenGL 2.0 対応のグラフィックカードが必要
  • Adobe Bridge の一部の機能を使用するには、 Direct X 9 互換の 64 MB 以上の VRAM を備えたグラフィックカード
  • 圧縮されたビデオフォーマットの編集には 7,200 RPM のハードディスクドライブ、非圧縮のビデオフォーマットの編集には RAID 0 でストライピングされたディスクアレイ
  • SD / HD ワークフローには、キャプチャおよびテープへの書き出し用にアドビ認定のカード
  • DV および HDV キャプチャ、テープへの書き出し、DV デバイスへの伝送用に OHCI IEEE 1394 ポート
  • Microsoft WDM または ASIO 対応のサウンドカード
  • 2 層式対応 DVD-ROM ドライブ ( DVD 作成には記録対応 DVD ドライブ、Blu-ray 作成には記録対応 Blu-ray ドライブが必要)
  • Java™ Runtime Environment 1.6(同梱)
  • マルチメディア機能を利用するために QuickTime 7.6.2 日本語版
  • SWF ファイルの書き出しならびに SWF ファイルとして書き出された DVD プロジェクトの再生には Adobe Flash® Player 10
  • オンラインサービス()の利用にはブロードバンドインターネット接続が必要

各国語バージョン

本製品は、次の各国語バージョンでご提供しています。

日本語 韓国語 トルコ語
英語 スペイン語 フランス語
イタリア語  中国語(繁体字)  ポーランド語
スウェーデン語 チェコ語 ポルトガル語(ブラジル)
オランダ語 ドイツ語 ロシア語

Mac OS版

  • インテルマルチコアプロセッサー (64 -bit 対応必須:インテルCore™ 2 Duo以上)
  • Mac OS X v 10.5.7 または v 10.6.3 日本語版、 Premiere Pro: GPU アクセラレーションを利用するには、Mac OS X v 10.6.3 が必要
  • 2 GB以上のRAM (4 GB以上を推奨)
  • 26.3 GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要 (大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,280 x 900 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ (1,280 x 1,024 以上を推奨)、256 MB 以上の VRAM を搭載した 16 -bit カラー表示が可能なハードウェアアクセラレーション対応の OpenGL グラフィックカード
  • Premiere Pro: GPU アクセラレーションを利用するには、アドビ認定の GPU カードが必要。最新のサポートされるカードの情報は Adobe Premiere Proの必要システム構成のページをご覧ください
  • GPU を利用する Adobe Photoshop の一部の機能では Shader Model 3.0 と OpenGL 2.0 対応のグラフィックカードが必要
  • 圧縮されたビデオフォーマットの編集には 7,200 RPM のハードディスクドライブ、非圧縮のビデオフォーマットの編集には RAID 0 でストライピングされたディスクアレイ
  • Core Audio 対応のサウンドカード
  • 2 層式対応 DVD-ROM ドライブ (DVD 作成には SuperDrive、Blu-ray 作成には記録対応 Blu-ray ドライブが必要)
  • Java Runtime Environment 1.5または1.6
  • マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7.6.2 日本語版
  • SWF ファイルの書き出しならびに SWF ファイルとして書き出された DVD プロジェクトの再生には Adobe Flash Player 10
  • オンラインサービス()の利用にはブロードバンドインターネット接続が必要

各国語バージョン

本製品は、次の各国語バージョンでご提供しています。

日本語 スペイン語 ポーランド語
英語 チェコ語 ポルトガル語(ブラジル)
イタリア語 ドイツ語 ロシア語
スウェーデン語 トルコ語 -
オランダ語 フランス語 -



(※)本製品は、CS Liveオンラインサービス(以下「オンラインサービス」という)を含むオンラインで提供される特定の機能にアクセスすることにより、機能を拡張できる場合があります。オンラインサービスおよびその機能は、国・地域、言語、通貨によっては提供されていない場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。オンラインサービスのご利用には、個別の利用規約およびアドビのプライバシーポリシーが適用され、ユーザー登録が必要となる場合があります。一部のオンラインサービスには、別途料金が発生したりサブスクリプションが必要になる場合があります。詳細情報ならびに利用規約やアドビのプライバシーポリシーについては、www.adobe.com/jp をご確認ください。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー