この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。
日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

問題点 (Issue)

Windows 版 Google Chrome バージョン 21 を使用して Adobe 製品の体験版をダウンロードする際、以下のような問題が発生します。

  • 「今すぐダウンロード」をクリックしても体験版のダウンロードが開始されません。
  • Adobe Download Assistant がインストールされていても Chrome で認識されず、AdobeDownloadAssistant.exe ファイルが再度ダウンロードされます。

解決方法 (Solutions)

Adobe Download Assistant は、Flash Pepper(PPAPI)プラグインを年内にサポートする予定です。サポートされるまでは、以下の A. または B. のいずれかを行い問題を回避できます。

A. Chrome の代わりに、Internet Explorer または Firefox のサポートされているバージョンを使用します。

B. Chrome 21 で初期設定の Flash Pepper(PPAPI)プラグインを無効にします。

  1. Chrome のアドレスバーに chrome://plugins と入力します。

  2. 画面右上部の「詳細」をクリックして展開します。

  3. Flash Player プラグインのタイプ PPAPI を探し、「無効にする」をクリックします。

  4. PPAPI Flash Player プラグイン下部に表示される NPAPI Flash Player プラグインを確認し、無効になっている場合は有効にします。

  5. プラグインタブを閉じ、その他のタブを再読み込みします。

Chrome がバージョン 21 以降にアップデートされていない場合は、Chrome サポート文書を参照してアップグレード処理を管理することもできます。

追加情報 (Additional information)

2012 年 7 月 31 日、Google から Chrome 21(Windows 版 バージョン 21.0.1180.60)がリリースされました。Chrome の新しいバージョンによって Adobe Download Assistant の起動が妨げられる問題が発生します。現在弊社ではこの問題の解決方法について調査中です。解決方法が見つかるまでの間は上記手順を参照して回避するか、Chrome 以外のブラウザーを使用して Adobe 製品の体験版をダウンロードします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー