Professional アカウントまたは Enterprise アカウントをご利用の場合、DPS App Builder を使用して独自のバージョンの iPad 用 Adobe Content Viewer を作成できます。独自のカスタム Content Viewer を構築できれば、新バージョンの Folio Producer ツールがリリースされた時に特に便利ですが、Adobe Content Viewer は Apple の承認待ちです。

Enterprise アカウントを使用してサインインすると、社内で配布できる Enterprise 署名版アプリケーションを作成できます。Enterprise 署名版アプリケーションを作成していない場合、Adobe Content Viewer は、デバイス ID(UDID)が開発版 mobileprovision ファイルで指定されている iPad でのみ利用できます。この場合、競合を避けるため、他の開発アプリケーションで使用されていない mobileprovision ファイルを使用するのが最適です。mobileprovision ファイルの作成について詳しくは、Publishing Companion Guide for the iPad PDFを参照してください。

ビデオチュートリアル

ビデオチュートリアル
<a href="http://goo.gl/HPZ0w">カスタム Content Viewer の作成(英語のみ)</a>
Colin Fleming

  1. Professional または Enterprise アカウントを使用して DPS App Builder にサインインします。

  2. DPS App Builder で「新規」をクリックし、「iPad」を選択して「次へ」をクリックします。

  3. 「Viewer バージョン」は「Adobe Content Viewer」を選択します。「次へ」をクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行い、「次へ」をクリックします。

    • (Professional)開発版 mobileprovision ファイルを指定します。競合を避けるため、別の開発アプリケーションで使用されていない mobileprovision ファイルを作成します。

    • (Enterprise)「エンタープライズ署名付きビルド」を選択した場合、対象のアプリケーション ID (「com.publisher.viewer」など)と Enterprise mobileprovision ファイルを指定します。Apple Developer サイトで使用したアプリケーション ID と同じ ID を使用して Enterprise mobileprovision ファイルを作成します。Enterprise 署名版アプリケーションについて詳しくは、Enterprise 署名版 iPad Viewer アプリケーションの作成を参照してください。

  5. 「次へ」をクリックし、画面の指示に従います。

  6. Adobe Content Viewer をダウンロードして署名します。

  7. 必要に応じて、Adobe Content Viewer(content-viewer.ipa)を配布できるようにします。

Adobe Content Viewer をインストールするには、content-viewer.ipa ファイルを iTunes ライブラリにドラッグしてから iPad と同期します。

App Store 版の Adobe Content Viewer を削除する必要はありません。iPad には異なるバージョンの Adobe Content Viewer をインストールしておくことができます。実際、異なるアカウントを使用して 2 つの Viewer にサインインすることも可能です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー