有効な Adobe ID を持っているユーザーはだれでも Digital Publishing Suite ダッシュボード(https://digitalpublishing.acrobat.com)にサインインして Folio を編集できます。サインインに使用する Adobe ID によって、使用できる機能が決まります。

DPS ダッシュボード
サインインに使用したアカウントの種類に応じて、DPS ダッシュボードに様々なオプションとサービスが表示されます。

Digital Publishing Suite サブスクリプションの種類

Digital Publishing Suite には Enterprise Edition と Professional Edition の 2 つがあります。

Professional

Professional アカウントをご利用のお客様は、オーサリングツールとダッシュボードのツールやサービスを使用して、カスタム Viewer アプリケーションを無制限に作成できます。

Enterprise

Enterprise アカウントをご利用のお客様は、Professional アカウントで利用できるすべてのツールとサービスに加え、Viewer UI のカスタマイズ、独自の権利付与サーバーの作成、社内用 Enterprise アプリケーションの作成を行う機能を利用できます。

Digital Publishing Suite のロール

Digital Publishing Suite のサブスクリプションを購入すると、アドビの担当者がマスターアカウントをセットアップします。その後、アカウント管理ツールを使用して異なる Adobe ID にロールを割り当てることが可能になります。

管理者ロール

管理者アカウントは、アカウントの種類を割り当てるために使用します。

アプリケーションロール

アプリケーションロールは、公開された Folio を特定の複数 Folio 用のカスタム Viewer に関連付けます。例えば、発行者が屋外スポーツに関する雑誌を作成する場合、Viewer アプリケーションごとに「cycling@publisher.com」および「hiking@publisher.com」など、1 つの Adobe ID を作成する必要があります。

個人の名前(「johnsmith@publisher.com」など)をアプリケーションロールに使用しないようにしてください。ただし、その個人の Adobe ID に関連付けられた既存のカスタム Viewer がある場合を除きます。

DPS App Builder ロール

DPS App Builder Adobe ID を使用して DPS App Builder にサインインし、カスタム Viewer アプリケーションを作成します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー