インタラクティブオーバーレイは、スクロール可能フレームとスライドショー(マルチステートオブジェクト)のいずれかに埋め込むことができます。

スライドショー

オーバーレイをスライドショーのステートに追加するには、様々な方法があります。例えば、ステートを選択して「選択範囲内へペースト」を選択します。オーバーレイの位置をマルチステートオブジェクトに揃えて調整し、両方を選択してから、オブジェクトを選択したステートにペーストするか、新しいステートを作成することができます。また、オーバーレイを他のオブジェクトとグループ化し、そのグループをさらに別のオブジェクトに揃えて調整してから、マルチステートオブジェクトを作成することもできます。

スクロール可能フレーム

画像シーケンスやボタンなどのインタラクティブオーバーレイを作成します。オーバーレイオブジェクトをコンテンツフレーム内の他のオブジェクトとグループ化するか、オーバーレイをテキストにペーストしてアンカー付きオブジェクトを作成します。次に、コンテンツフレームをコンテナフレームにペーストし、 Overlays パネルで「スクロール可能フレーム」設定を選択します。

ビデオチュートリアル

ビデオチュートリアル
<a href="http://tv.adobe.com/watch/digital-publishing/nested-overlays-buttons-and-pinch-zoom/">ネストされたオーバーレイに関するビデオ(英語のみ)</a>
Colin Fleming

次のガイドラインに注意してください。

  • スクロール可能なフレームにスライドショーのステートを変更するボタンを追加できます。ボタンをコンテンツフレーム内にペーストすると、ステートベースのボタンアクションは失われます。ボタンを再度選択してアクションを作成し直してください。ボタンが非表示の場合は、コントロールバーの「内容を選択」および次を選択するアイコンを使用してオブジェクトを選択します。

  • マルチステートオブジェクトをインタラクティブなスライドショーにするには、1 つのアクションで 1 つ以上のステートの変更がトリガーされるようにする必要があります。そうでないと、現在のステートのみが Viewer に表示されます。MSO をスライドショーにするには、 Overlays パネルで「自動再生」などのオプションを選択します。MSO ステートアクションを設定したボタンを作成することもできます。ただし、ステート内のボタンで MSO がインタラクティブになることはありません。MSO 内のボタンだけを使用してスライドを変更したい場合は、表示されない「ダミー」ボタンを MSO の外部に作成してインタラクティブにします。

  • ホットスポットエフェクトを作成するには、2 つのステートのうち 1 つが空のマルチステートオブジェクトとボタンを結合します。例えば、ボタンをタップすることで画像シーケンスか Web コンテンツオーバーレイをトリガーできます。

  • その他の埋め込みオーバーレイの例(スライドショー内にネストされたスライドショーなど)については、DPS Learn アプリの「Advanced Overlays」(英語のみ)を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー