正しい記事を見ていますか?

この記事は、Digital Publishing Suite に関するものです。AEM Mobile 記事については、Windows パブリッシングガイドを参照してください。

DPS ツールでは、Windows ストアに送信できる DPS Viewer アプリケーションを作成できます。Windows アプリケーションは、Windows 8.1 を実行する任意のデバイスまたはコンピューターで表示できます。DPS アプリケーションは Windows Phone をサポートしません。

このドキュメントでは、Windows ストア開発者アカウントを設定する方法、Windows ストアデベロッパーセンターを使用してアプリケーションの詳細を設定する方法およびアプリケーションを送信する方法を説明します。Windows アプリケーションの作成について詳しくは、Windows ストア用 DPS アプリケーションを作成するを参照してください。

Windows ストア開発者アカウントの設定

まだ行っていない場合は、個人または会社の Windows ストア開発者アカウントにサインアップします。

https://appdev.microsoft.com/StorePortals/ja-JP/Account/signup/start

アプリケーションに市販コンテンツが含まれる場合は、マイクロソフトが市販購入に対して支払うことができるように銀行情報を指定します。

アプリケーションの詳細の指定

Windows ストアデベロッパーセンターを使用してアプリケーションを作成するときは、アプリケーションの詳細、市販コンテンツのアプリケーション内購入を指定してから、アプリケーションを送信するという手順で行います。証明書は必要ありません。

Web ベースの DPS App Builder を使用してアプリケーションを作成するときは、このプロセスで指定する情報を使用します。

  1. Windows ストアデベロッパーセンター
  2. 「Submit an App」をクリックします。

    「Submit an App」をクリックする
  3. 画面の指示に従ってアプリケーションを作成します。各セクションのアスタリスク(*)で示されているオプションの情報を指定します。セクションの指定が終了したら、下までスクロールして「Save」をクリックします。

App name

Windows ストア用の使用されていないアプリケーション名を指定します。DPS App Builder を使用してアプリケーションを作成するときは、これと同じ名前を使用します。

使用されていないアプリケーション名を指定する

Selling details

「Selling details」セクションのオプションは、アプリケーション内購入ではなく、アプリケーション自体に関するものです。ほとんどの DPS アプリケーションの場合、アプリケーション自体は無料であり、アプリケーション内の Folio は無料または市販です。Folio のアプリケーション内購入については、次の「Services」セクションで指定します。

  • アプリケーションの価格帯を設定します。
  • DPS アプリケーションはアプリケーション内購入にサードパーティのコマースシステムを使用しません。チェックボックスはオフのままにします。
アプリケーションの価格帯を設定する
  • 「Hardware requirements」の各オプションは、「Available to all systems」が選択されている状態のままにします。
  • 「Accessibility」のチェックボックスはオフのままにします。
ハードウェア要件とアクセシビリティの設定を選択する

Services

「Services」セクションでは、Folio のアプリケーション内購入について指定できます。Windows ストアではアプリケーション内のすべての市販 Folio に対して 1 つの価格しか指定できないので、アプリケーション内購入オファーには Windows ストア製品 ID を 1 つだけ作成します。この後で DPS App Builder を使用してアプリケーションを作成するときは、この製品 ID を指定します。

注意:Windows ストア製品 ID は 1 つだけ作成しますが、Adobe Folio Producer を使用して Folio を公開するときは Folio ごとに異なる製品 ID 値(com.mycompany.myapp.issuename など)を使用することが重要です。

  • 市販 Folio の Windows ストア製品 ID を指定します。com.mycompany.myapp.inapp のような逆 DNS 形式を使用することをお勧めします。
  • 「Product lifetime」で、「Consumable」を選択します。「Consumable」を選択する必要があります。選択しないと購入処理は機能しません。
  • 「Content type」で「Electronic magazine single issue」を選択します。

注意:

アプリケーション内購入を含む Windows アプリケーションには、Shared Secret(「Windows メインパッケージ ID 名」と呼ばれる)を指定する必要があります。Shared Secret の取得について詳しくは、この記事で後述されている関連セクションを参照してください。その後、アカウント管理ツールの「Windows メインパッケージ ID 名」オプションに ID 名をコピーします。

製品の有効期間の設定を選択する

アプリケーションのレーティング

Microsoft の説明のとおりに、アプリケーションのレーティングを指定します。

Cryptography

暗号化の質問には「Yes」と答えることをお勧めします。

暗号化の設定を選択する

パッケージ

必要な .appx ファイルをドラッグ&ドロップします。このファイルは DPS App Builder からダウンロードした .zip ファイルを展開すると取得できます。ファイルを送信したら、ファイル名が緑のテキストで表示されます。

Description

  • アプリケーションの説明を指定します。
  • アプリケーションのスクリーンショットを少なくとも 1 つアップロードし、各画像のキャプションを指定します。
アプリケーションの説明を指定する
  • アプリケーション内購入を指定した場合は、説明を指定します。この説明は Microsoft にとって必要ですが、アプリケーションには表示されません。
アプリケーション内購入の説明を設定する

審査担当者へのコメント

アプリケーションを承認するかどうかを判断する審査担当者に対する必要なガイダンスを提供します。

メインパッケージ ID 名の取得

DPS App Builder を使用して Windows ストア用アプリケーションを作成するときは、メインパッケージ ID 名が必要となります。アプリにアプリ内課金が含まれる場合は、プロジェクト設定の「ストア」セクションにある「メインパッケージ ID 名」フィールドで ID 名を指定する必要もあります。

メインパッケージ ID 名は Windows デベロッパーセンターに表示されます。

  1. Windows デベロッパーセンターにサインインします。
  2. ダッシュボードでアプリを選択します。
  3. 左のナビゲーションバーの「アプリ管理」を展開して、「アプリ ID」をクリックします。
  4. 「パッケージ/ID/名前」の右に文字列をコピーします。
アプリケーション ID を設定する

アプリケーションの作成

Web ベースの DPS App Builder を使用してアプリケーションを作成します。詳しくは、Windows ストア用 DPS アプリケーションを作成するを参照してください。

アプリケーションのテスト

DPS App Builder を使用してアプリケーションを作成したら、.zip ファイルをダウンロードして展開します。アプリケーションをテストするには、Add-AppDevPackage.ps1 スクリプトを使用します。

  1. DPS App Builder からダウンロードしたファイルを解凍します。

  2. Add-AppDevPackage.ps1 ファイルを右クリックし、「PowerShell で実行」を選択します。

  3. 画面の指示に従って開発者用ライセンスを取得し、証明書をインストールします。

    アプリケーションを送信するまでは、Windows ストアでアプリケーション内購入をテストすることはできません。「公開/有料」として公開された Folio は、アプリケーションが Microsoft による承認を受けるまでライブラリには表示されません。

    アプリケーション内購入を正常に機能させるために、次の対応を行ってください。

    • この記事の「Services」セクションの手順に従っていることを確認します。デベロッパーセンターで指定したものと同じ製品 ID を DPS App Builder で使用し、製品の有効期間を「Consumable」に設定します。
    • アカウント管理ツールで「メインパッケージ ID 名」を指定します。http://digitalpublishing.acrobat.com/ にアクセスし、マスターアカウントでログインしてから、「アカウント管理」をクリックしてアプリケーションの設定を編集します。この記事で前述されているように、メインパッケージ ID 名をコピー&ペーストします。

    これらの手順に従っていない場合、アプリケーション内購入を完了しようとするとエラーが発生することがあります。

Windows ストアへのアプリケーションファイルの送信

  1. Web ベースの DPS App Builder を使用してアプリケーションを作成し、.zip ファイルをダウンロードします。
  2. .zip ファイルを展開し、.appbundle ファイルを取得します。
  3. Windows ストアデベロッパーセンターの「Packages」セクションで、.appxbundle ファイルをアップロードします。
  4. 各セクションで必要な情報を入力したら、「Submit For Certification」をクリックします。画面の指示に従って、承認を受けるためにアプリケーションを Microsoft に送信します。
DPS App Builder

Windows 用非公開アプリケーションの作成

Microsoft では、Windows ストアアプリケーションのエンタープライズデプロイメントに関して 2 つの要件があります。

  • アプリケーションのデバイスがドメインに参加している必要があります。
  • .appx への署名に使用された証明書が、デバイスの信頼済み証明書の一覧にある必要があります。

DPS App Builder によって提供される .appxbundle ファイルは、Windows ストアへの送信で署名されます。エンタープライズデプロイメントでは、独自のエンタープライズ証明書を使用して、.appxbundle とそのコンテンツに再署名する必要がある場合があります。詳しくは、アドビの担当者にお問い合わせください。

アプリケーションファイルの配布には、サポートされている任意の Microsoft メソッドを使用します。コマンドラインメソッドだけを使用することもできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー