内容 (What's Covered)

この文書では、より規模の大きいワークグループにおけるアカウント管理のワークフローについて説明しています。

パブリッシャーは、「派生アカウント」を作成するためのマスターアカウントを所有しており、特定の権限を持つアカウントと持っていないアカウントを作成することができます。(管理者権限を持つアカウントの場合、マスターアカウントの派生アカウントを作成して編集することもできます。)

「アプリケーションアカウント」(dps.somemagazine@publisher.com または dps.othermagazine@publisher.com)は強い権限を保持しており、アクセス可能なメンバーは誰でも配布(削除、パブリッシュ、Folio の変更)を制御するために使用することができます。

通常、トラフィックマネージャーは、アプリケーションアカウントを使用して、発行物(アプリ)の Folio をパブリッシュ、アップデート、アップロード、または削除します。

通常、デザイナーは特定の権限を持たない派生アカウントを使用して Folio または Folio に使用される記事の作成および編集を行います。Folio はトラフィックマネージャー(アプリケーションアカウント)によって作成されたものです。

そのため、ワークフローは以下のような流れになります。

  1. トラフィックマネージャーが dps.somemagazine@publisher.com にログインし、新しい刊行物用の空の Folio を作成します。
  2. トラフィックマネージャーは、刊行物の作業を行うデザイナー(jane@publisher.com)に Folio を共有します。
  3. 共有されたデザイナーは、自分のアカウント(jane@publisher.com)で Folio Producer にログインします。Folio の共同作業に参加することができます。
  4. 作業完了後、トラフィックマネージャーは Folio の共有を解除します。デザイナーは変更を行えなくなります。
  5. トラフィックマネージャーが Folio の最終確認を行い、「パブリッシュ」ボタンを押します。

上記ワークフローでは、マスターアカウントの所有者またはマスター用の管理者アカウントにより、すべての Adobe ID が作成されている必要があります。このことにより、すべての作業が派生アカウントにより作成されます。

http://forums.adobe.com/message/4179235#4179235

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー