この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。 

内容 (What's Covered) 

必要な知識
  • サードパーティエンタイトルメントの動作に関する基本的な知識
ユーザーレベル : すべて
必要な Adobe 製品

注意:

注意 : この文書に関するご質問は、DPS フォーラム(英語)をご利用ください。文書に関するご質問については、テクニカルサポートでは対応しておりませんのでご了承ください。

はじめに

DPS エンタイトルメントサービスは、ユーザーが権利付与(Direct Entitlement)を動作検証できるように設計され、かつ開発版アプリケーションでの配布を制限することができます。このサービスはデモ、POC(機能検証)、および動作検証を目的としています。商用での利用はしないでください。

制限付き配布は、Folio を表示するための権利がユーザーに明確に付与される必要があります。制限付き配布を利用する場合、各ストアで発生する料金ではなく、有料を設定する必要があります。

DPS エンタイトルメントサービスでは、App ID に基づいた Viewer からのリクエストが 1 日 1000 HTTP に制限されます。管理者からのリクエストに制限はありません。リクエスト回数の上限を増やすか削除する場合は、Adobe の Derek Lu に連絡してください。

このサービスは管理者および XML サービスによって構成されています。管理者はユーザーおよびグループを作成し、Folio を配布できます。XML サービスはサードパーティエンタイトルメントに必要な 3 つの XML API を実装します。

エンタイトルメントについて詳しくは、Adobe Developer Connection(英語)で権利付与(Direct Entitlement)の記事を参照してください。

ストアフロントをカスタマイズするには、こちら(英語)を参照してください。

エンタイトルメントサービスの使用

Entitlement Admin へのログイン

  1. 以下の URL にアクセスします。

  2. アプリケーションロールが有効な Adobe ID でログインします。

    画像 1. ログイン画面

DPS App Builder の値

アプリケーションの動作検証には Entitlement Admin の Service URL と Integrator ID を使用します。これらの値は DPS App Builder の権利付与の詳細(Entitlement Details)で使用されます。

  1. Entitlement Admin の画面で Service URL(https://dpsapps.adobe.com/entitlement_admin/services/index.php)をコピーします。DPS App Builder で権利付与の詳細パネルを開き、iOS アプリケーション用 Service URL および Service Auth URL フィールドに入力します。

  2. Entitlement Admin の Integrator ID(dps_entitlement_poc)をコピーして、DPS App Builder の Integrator ID に入力します。

    画像 2. Entitlement Admin のデフォルトビューに表示される DPS App Builder 用の値

App ID の入力

  1. Entitlement Admin の App ID テキストボックスに App ID を入力します。App ID は、mobileprovision ファイルの App ID と一致している必要があります。DPS App Builder のホーム画面で完成した Viewer の App ID を確認できます。

    画像 3. DPS App Builder に表示される App ID

  2. DPS App Builder で Viewer を作成する際は、「アプリケーション ID とバージョンを送信する(Send App ID and Version)」にチェックを入れる必要があります。DPS App Builder の権利付与の詳細で確認することができます。

ユーザーの管理

Entitlement Admin を使用してユーザーの作成および更新ができます。ユーザーはユーザー名とパスワードが必要で、Description フィールドには任意の説明を入力します。ユーザーには 1 つまたは複数の Folio の権利と、1 つまたは複数のグループを割り当てることができます。

例えば、有料アプリケーションを作成し、3 名のユーザー(Cheryl、Maria、Clarence)が利用する場合、各ユーザーに固有の有料 Folio をパブリッシュします。加えて、North、South、West という複数のグループを作成します。各グループは、その後「North Sales Policies」など各地域固有の Folio に権利を与えます。この例では、Cheryl によって「Cheryl」という名前の Folio に資格が与えられていて、「North」グループに追加されています。Cheryl が「North」グループに追加されてからログインすると、「Cheryl」および「North Sales Policies」という名前の Folio が表示されます。

  1. ユーザーを追加するには、「Users」タブから「Add User」ボタンをクリックします。

  2. ユーザーを編集するには、一覧からユーザーを選択して「Edit User」ボタンをクリックするか、またはユーザーをダブルクリックします。

  3. Edit User ダイアログボックスではユーザー名、パスワード、説明などを更新できます。パスワード以外を更新する場合は、パスワードテキストボックスは空欄のまま編集できます。

  4. ユーザーに Folio の権利を付与するには、Entitle User to Folios ポップアップメニューから Folio を選択して「+」ボタンをクリックします。

  5. ユーザーをグループに追加するには、Add User to Groups ポップアップメニューからグループを選択して「+」ボタンをクリックします。

  6. ユーザーから Folio またはグループを削除する場合は、一覧から選択して「Remove」をクリックします。

    画像 4. ユーザーの編集画面

グループの管理

Entitlement Admin を使用してグループの作成および更新ができます。グループ名(必須)と、Description テキストボックスに任意で説明を入力します。 グループには Folio の権利とユーザーを割り当てることができます。グループは、ユーザーのグループに権利を付与する際に役立ちますが必須ではありません。

  1. グループを追加するには「Group」タブで「Add Group」ボタンをクリックします。

  2. グループを編集するには、一覧からグループを選択して「Edit Group」ボタンをクリックするか、またはグループをダブルクリックします。

  3. Edit Group ダイアログボックスでは、グループ名または説明を更新できます。

  4. グループに Folio の権利を付与するには、Entitle Group to Folios ポップアップメニューから Folio を選択して「+」ボタンをクリックします。

  5. グループにユーザーを追加するには、Add Users to Group ポップアップメニューからユーザーを選択して「+」ボタンをクリックします。

  6. グループから Folio またはユーザーを削除する場合は、一覧から選択して「Remove」をクリックします。

    画像 5. グループの編集画面

Folio の管理

Folio の一覧には、このサービスへのログインに使用された DPS アカウントを基に、利用できる Folio が表示されます。パブリッシュした「公開」Folio のみが表示されます。公開されていない、または非公開の Folio には権利を付与できません。無料および有料の Folio はどちらも表示されますが、権利は制限付き配布(Restricted Distribution)を対象とした Folio を含め、有料 Folio に対してのみ適用されます。Folio のメタデータをこのツールから編集することはできません。

  1. グループまたはユーザーに Folio を割り当てるには、Folio タブで一覧から Folio を選択して「Edit Folio」ボタンをクリックするか、または Folio をダブルクリックします。

  2. Edit Folio ダイアログボックスでグループに Folio の権利を付与するには、Entitle Folios to Group ポップアップメニューからグループを選択して「+」ボタンをクリックします。

  3. Folio にユーザーを追加するには、Entitle Folios to Users ポップアップメニューからユーザーを選択して「+」ボタンをクリックします。

  4. Folio からグループまたはユーザーを削除するには、一覧から選択して「Remove」ボタンをクリックします。

    画像 6. Folio の詳細を編集する画面

デバイスでの動作検証

Folio に権利が付与されている場合、デバイスで動作検証を行うことができます。

制限付き配布する Folio は必ず、「公開」および「有料」としてパブリッシュします。(非公開の Folio はアプリケーションに表示されません。無料の Folio はすべてのユーザーが利用できます。)

DPS App Builder を使用して iOS アプリケーションをビルドする際には、以下の操作を必ず行います。

  • アプリケーションのタイプポップアップメニューからマルチ Folio(権利付与を使用)を選択します。
  • 権利付与の詳細パネルで Service URL、Service Auth URL、Integrator ID の値を確認します。また、パスワードを忘れた場合の URL(動作検証用 URL)の指定とアプリケーション ID とバージョンを送信するにチェックを入れる必要があります。
  • ナビゲーションツールバーパネルで購入ボタンを隠すにチェックを入れ、権利が付与されていないユーザーのライブラリに有料 Folio が表示されないようにします。

DPS Viewer の作成に関する詳細は、DPS App Builder の概要を参照します。

デバイスで Viewer を起動してサインインすると、サードパーティエンタイトルメントの動作検証を行うことができます。サインインに成功するとユーザーに権利が付与された有料Folio が表示されます。

トラブルシューティング

  1. サインインできない場合、有効なユーザー名およびパスワードを入力しているか確認します。

  2. DPS App Builder に正しいインテグレーター ID が入力されているか確認します。

  3. DPS App Builder でアプリケーション ID とバージョンを送信するにチェックが入っているか確認します。

  4. Entitlement Admin で正しい App ID が入力されているか確認します。

その他

DPS エンタイトルメントサービスを使用してサードパーティエンタイトルメントおよび制限付き配布の動作検証を行うことができます。

エンタイトルメントについて詳しくは、Adobe Developer Connection(英語)で権利付与(Direct Entitlement)の記事を参照してください。ストアフロントをカスタマイズするには、こちら(英語)を参照してください。

所有するサーバーにこのエンタイトルメントサービスをダウンロードおよびインストールする場合は、DPS エンタイトルメントサーバーのインストール方法(Digital Publishing Suite)を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー