必要なスピードとフォトリアリズムのレベルに応じて、リアルタイムまたはレイトレースレンダリングで任意のカメラアングルの画像を書き出します。

学習内容:フォトリアルな画像の編集、プレビュー、レンダリング

レンダリングは、画面に表示されるピクセルを決定するためのプロセスです。Dimensionには2種類のレンダリング方法があります。

  • リアルタイムレンダリング:高速で、システムリソースの使用量を低く抑えることができる
  • レイトレースレンダリング:シーンの周りに光線を反射させることで、現実のようなフォトリアリズムを実現できるが、システムリソースの使用量が増える

レンダリングプレビューモードを使用する

Dimensionのデザインモードで作業しているときに、カンバスのレンダリングプレビューモードを有効にすることができます。レンダリングプレビューでは、レンダリング結果を簡単に確認できます。編集中はリアルタイムで自動的にブレンドされ、レイトレースプレビューがフェードインします。レンダリングプレビューモードは、作業中にライト、マテリアル、シャドウ、反射の設定を選択するのに使用します。

クイックプレビュー用にスナップショットを書き出す

  • 共有アイコンをクリックして、共有メニューを開く
  • 「PNGとしてスナップショット」を使用して、現在のカンバスをシステムのクリップボードまたはハードドライブに保存する

フォトリアルなレンダリングを書き出す

  • レンダリングモードに切り替える
  • 使用するカメラビューを選択する
  • 画質と書き出し形式のオプションを選択する
  • 「開始」ボタンをクリックして、レンダリングを開始する
アドビのロゴ

アカウントにログイン