製品デザイン、ブランド、看板、パッケージなどに使用するフォトリアルな画像を作成します。

Project Felixが、新たにAdobe Dimension CCとしてリリースされました。Adobe Dimensionの基本的な使い方については、2Dおよび3Dアセットを組み合わせたフォトリアルな画像を作成するを参照してください。

apply-2d-vector-art-to3d1800x1012

このチュートリアルに沿って作業を進める場合は、CCライブラリのGelato Sceneのアセットを使用してください。「保存」をクリックして、ご自分のアカウントにライブラリをコピーすると、Dimensionから直接アセットにアクセスできます。

注意:アセットをコピーするには、自分のAdobe IDでAdobe Creative Cloudアカウントにログインする必要があります。お持ちでない場合はAdobe IDを取得してください。

Adobe Dimension CCでシーンを設定する

Adobe Dimensionを起動します。スタート画面で「プロジェクトを開く」をクリックし、ダウンロードしたサンプルファイルGatsbyGelato_TutorialStart.dnを開きます。

apply-2d-vector-art-to3dstep1

背景の画像はAdobe Stockの画像であるため、使用前にライセンスを取得します。

3Dモデルを読み込んで、見た目をカスタマイズする

ジェラートの入れ物の3Dモデルを追加します。「ファイル/読み込み/3Dモデル」を選択し、「GelatoPint」を選択します。

モデルがカメラの遠近感に合わせてシーンに表示されます。モデルの任意の箇所をクリックしてドラッグすると、画面上のウィジェットを使って入れ物を好きな位置に配置できます。ウィジェットのマゼンタ色のハンドルを使用しても、位置を変更できます。

apply-2d-vector-art-to3dstep2

右側のシーンパネルで「GelatoPint」を選択し、左側のマテリアルパネルで「青のプラスチック」をクリックします。

入れ物の見た目を細かく調整するには、シーンパネルで「GelatoPint」を展開し、「青のプラスチック」を選択します。シーンパネルの下のプロパティパネルで、ベースカラー、発光、粗さなど、マテリアルの属性を変更できます。

apply-2d-vector-art-to3dstep3

次に、金色のアルミのようなエフェクトを入れ物のふたに適用します。自動選択ツール(W)でふたの帯の部分をクリックして選択し、マテリアルパネルで「ゴールド(ダメージ)」をクリックします。

注意:このファイルには、このほかにも「GlassCup」と「Spoon」の2つのモデルがあります。これらのモデルを使って、マテリアルの適用や配置の変更を練習してみましょう。

2Dのアートワークを入れ物の周りに適用する

Creative CloudライブラリパネルでGelato Sceneライブラリを開きます。「Gatsby Label」のアートワークをジェラートの入れ物本体の上までドラッグすると、入れ物がハイライトされます。この状態でドロップすると、ラベルのアートワークが適用されます。

注意:ラベルのアートワークは、Adobe Illustrator CCで作成してPNG形式で保存したものです。その後、他のアプリからもアクセスできるように、CCライブラリに追加しています。

apply-2d-vector-art-to3dstep4

移動ツール(V)を使って、ジェラートの入れ物の上でラベルの位置を微調整します。

  • Shiftキーを押しながら四角いハンドルをドラッグすると、ラベルの縦横比を保持したままサイズを変更できます。
  • 上部のハンドルをドラッグすると、ラベルを回転できます。
  • 中心点をクリックしてドラッグすると、ジェラートの入れ物上でラベルを移動できます。

同じ手順で、「Gelato Logo」のアートワークをふたに追加します。  

ロゴの見た目を細かく調整するには、シーンパネルで「デカール」を選択してプロパティを調整します。ここでは、より目立つようにメタリックプロパティと粗さを上げています。

apply-2d-vector-art-to3dstep5

自分で作成した2Dのアートワークも、次の2つの方法でデカールやロゴとして使用できます。

シーンパネルで、アートワークを適用するモデルの部分を選択し、

「ファイル/読み込み」を選択します。

  • 「画像をデカールとして配置」を選択し、PNG、JPEG、SVG、またはPSD形式の画像を選択します。
  • 「アクションパネルを開く」を選択し、「画像をデカールとして配置」アイコンをクリックします。
apply-2d-vector-art-to3dstep6

自然なライトと影を追加する

シーンパネルで「環境」をクリックします。シーンには、背景画像を光源とするパノラマ画像ベースのライトが既に適用されています。このライトは、強度や回転などのプロパティを調整して変更することができます。また、「日光」を選択して影を作り出す光の方向と強度を調整したり、グランドプレーンのプロパティを編集して影を微調整したりできます。 

apply-2d-vector-art-to3dstep7

画面上部にあるレンダリングプレビュー切り替えボタンをクリックすると、次のステップで画像をレンダリングする前に、ライトと影を簡単に確認できます。確認したら、レンダリングプレビューウィンドウを閉じます。

apply-2d-vector-art-to3dstep8

完成した画像をレンダリングする

画面上部にある「レンダリング」タブをクリックします。画質、書き出し形式、ファイルの保存先を指定して、「レンダリング」をクリックします。ここでは、画質に「低 (高速)」、形式に「PSD」を選択しています。レンダリングが完了したら、「Photoshopで開く」をクリックします。

注意:シーンの複雑さや選択した画質によってレンダリングに時間がかかることがあります。これは、できるだけフォトリアルなライトと影の画像をレンダリングするためです。

apply-2d-vector-art-to3dstep9

Photoshopで合成画像を仕上げる

レンダリングされた画像がAdobe Photoshop CCで開きます。PSD形式を選択した場合は、アートワークがレイヤー構造で表示され、要素ごとに簡単に編集および調整できます。  

レンダリングされた画像と背景画像は、異なるレイヤーに配置されます。そのほか奥行きなど、選択したエフェクトのマスクレイヤーが作成されます。 

ここでは奥行きがあるような錯覚を生み出すために、背景レイヤーをスマートオブジェクトに変換しました(右クリックして「スマートオブジェクトに変換」を選択)。また、レイヤーを選択してぼかしも追加しています(「フィルター/ぼかしギャラリー/チルトシフト」を選択)。さらにジェラートの入れ物が目立つように、レンダリングされた画像を複製してソフトライトの描画モードを不透明度50%で適用してあります。

apply-2d-vector-art-to3dstep10

合成画像が完成したら、PDF形式で保存するか、オプションバーの共有ボタンをクリックして他のユーザーと簡単に共有できます。このチュートリアルで使用した機能について詳しくは、Dimension CCの機能概要を参照してください。また、Dimensionで使用できるこのほかの3Dモデル、マテリアル、ライトがAdobe Stockに掲載されています。

10/23/2017

コントリビューター:Zuzanna Czerny

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ