Adobe Dimension の最新リリースの新機能について説明します。

おすすめの新機能

2019 年 11 月リリース(バージョン 3.0)

整列と分布

新しいライティングシステム

指向性ライトを使用して、独自のカスタムスタジオライティング設定を作成し、シーンを理想的な外観に仕上げます。

Dimension からのモデルの書き出し

拡張現実用の書き出し

アドビの新しい拡張現実オーサリングツールの Aero で、Dimension アセットを書き出して表示します。

Web への 3D コンテンツの埋め込み

新しいブレンドされたレンダリングプレビュー

ライティングや反射などの高品質なレンダリング効果を、編集カンバスで直接有効にします。

その他の機能強化

GPU レンダリング(ベータ版)

互換性のあるグラフィックプロセッサー(グラフィックカード、ビデオカードまたは GPU)の高速化されたレンダリングにより、作業時間が大幅に短縮されます。

整列と分布

新しいユニバーサル選択ツール

主要なレイアウト操作に新しい選択ツールを使用して、オブジェクトを他のオブジェクトの表面上や画面領域内で移動します。

整列と分布

「画像から環境を設定」の更新

Adobe Sensei の機能を使用する「画像から環境を設定」を使用して、シーンの 3D ライティングとカメラのパースが自動的に更新されます。

その他の機能強化

その他の機能強化

このリリースの Dimension のその他の機能強化に関する情報があります。

Dimension の以前のリリース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー