Document Cloud サービスとセキュリティ

アドビでは、提供しているサービスのセキュリティを非常に重く受け止めており、お客様の保護が最優先事項であると考えています。強力なセキュリティソリューションには、人、プロセスおよびテクノロジーが関わると理解しています。

次の情報は、Adobe ExportPDFAdobe PDF PackAdobe Send & TrackAdobe Acrobat.com – Personal File Storage を含む Adobe Document Cloud サービスに適用されます。

アプリケーションレベルのセキュリティ

Adobe Document Cloud サービスでは、インターネットのセキュリティについての最新テクノロジーを利用しています。サービスにアクセスするときには、サーバー認証とデータ暗号化の両方に Secure Sockets Layer(SSL)テクノロジーを使用することによって、アクセスしているユーザーとそのユーザーが許可したユーザーだけがデータとドキュメントを利用できるようにします。静的コード分析および動的 Web アプリケーション分析のセキュリティスキャンツールによって、すべてのサービスが定期的にスキャンされます。

Adobe Document Cloud サービスは、特定のセッションの持続期間中に認証情報を記録するためだけに、セッション Cookie を発行します。セッション Cookie には、ユーザーのユーザー名(Adobe ID)やパスワードは含まれません。

ネットワークレベルのセキュリティ

Adobe Document Cloud サービスではファイアウォールによる保護、SSL 暗号化および独自技術のプロトコルを利用して、ユーザーの重要な情報を保護しています。また、独立した第三者機関に対して定期的にサービスの監査とセキュリティ評価を依頼して、多種多様な新しい攻撃進路による急速に変化する脅威のランドスケープを追跡するのに役立てています。このような脅威のランドスケープについては、説明責任を持ち、継続的に抑制していく必要があると考えています。

物理的な設備のセキュリティ

Adobe Document Cloud サービスは、ファイアウォールやその他の高度なテクノロジーを利用する保護されたサーバー環境にホストすることによって、サービスの妨害および外部の侵入者からのアクセスを防止しています。

Adobe Document Cloud サービスが利用するホスティング設備は、複数の物理セキュリティレイヤーで保護され、許可された担当者しか設備やサーバーに近づくことはできません。さらに、すべてのアクセスがログに記録されます。すべてのデータセンター機器には物理的な保護対策が施され、資産の消失、破損または損失を防止し、業務活動の妨害を阻止するために、データの盗難や環境災害を防止しています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー