macOS Mojave 10.14 で、アドビアプリケーションが個人データの使用を試みていることを通知するプロンプトが表示された場合の対処方法について説明します。

概要

macOS Mojave 10.14 では、オペレーティングシステムのセキュリティ機能の一部が変更されています。Apple 以外のソフトウェアがユーザーの個人データを含むフォルダーまたはコンテンツにアクセスを試みると、ユーザーに通知が表示されます。

問題点

Apple の新しいプライバシー保護方針により、カレンダー、連絡先、写真、メッセージを含むディレクトリの保護方法が変わりました。このようなディレクトリへの移動や一覧表示を試みると、次のように、アドビアプリケーションが連絡先へのアクセスを試みていることを知らせる警告が表示されます。

 

 


アドビアプリケーション自体がユーザーのカレンダー、連絡先、位置情報を必要とすることはありませんが、ユーザーがこれらのアイテムに誤ってアクセスしてしまう可能性があります。たとえば、開くまたは保存ダイアログでユーザーライブラリディレクトリに移動すると、このような状況が発生します。

この操作を行うと、ユーザーライブラリディレクトリにあるすべてのファイルとディレクトリが表示されます。この場合、/Users/<ユーザー名>/Library 内にあるすべてのフォルダーに対するアクセス許可が必要になるため、上記のようなプロンプトが表示されます。

解決策

このプロンプトが表示されたら、「許可しない」を選択してください。アドビアプリケーションの操作に支障をきたすことはありません。このプロンプトはアプリケーションごとに 1 回表示されます(セキュリティカテゴリにより)。macOS は前回のユーザーの選択を記憶しています。「許可しない」を選択したアドビアプリケーションをアップデートした場合、このアプリケーションでプロンプトは表示されません。

注意:

macOS のデフォルトでは、ユーザーライブラリディレクトリ(/Users/<ユーザー名>/Library)は表示されません。アプリケーションのドキュメントを保存するときに、このディレクトリに繰り返しアクセスしないようにしてください。

よくある質問

アドビアプリケーションにカレンダー、連絡先、位置情報へのアクセスを許可してしまいました。どうなりますか?

これらのファイルに対するアクセスをアドビアプリケーションに許可した場合、このようなアイテムを含むディレクトリをアプリケーションから参照できるようになります。これらのディレクトリにあるファイルを使用できるようになります。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー