以前のバージョンの Creative Cloud アプリケーションのインストール

Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用して、Creative Cloud アプリケーションの以前のバージョンの検索とインストールをおこないます。各アプリケーションの最新バージョンと以前のメジャーバージョンのインストーラーを提供しています。

以前のバージョンの Creative Cloud アプリケーションのインストール方法

アプリの環境設定を保持するには、現在のバージョンをアンインストールしてから、以前のバージョンをインストールします。環境設定を保持するかどうかをたずねられたら、「保持」を選択します。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションを開きます。(タスクバー(Windows)/メニューバー(macOS)で アイコンを選択します。)

Windows タスクバーの CCDA
Windows タスクバーの Creative Cloud デスクトップアプリケーションアイコン

CCDA Mac
macOS メニューバーの Creative Cloud デスクトップアプリケーションアイコン

インストールするアプリケーションまでスクロールして、その横にあるその他のオプションを表示するアイコンをクリックします。

その他のアクション

ドロップダウンリストで「他のバージョン」を選択します。

他のバージョン

表示されるリストで、インストールするバージョンのアプリケーションを見つけ、「インストール」を選択します。

以前のバージョンの Creative Cloud アプリケーションをインストールする

インストールに進むように求めるメッセージが表示されます。確認後、アプリケーションのインストールが開始されます。

表示されている画面が図と異なる場合:Creative Cloud デスクトップアプリケーションの以前のバージョンに関する説明を参照してください。

以前のバージョンのアプリを保持する方法

新しいバージョンの Creative Cloud アプリケーションをインストールすると、初期設定では以前のバージョンが削除されます。ただし、以前のバージョンを保持するように設定できます。
エンタープライズユーザー:組織が自動更新を無効にしている場合、自動更新オプションは Creative Cloud デスクトップアプリケーションで使用できません。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションの右上にあるアカウントアイコンを選択し、「環境設定」を選択します。

環境設定を開く

サイドバーの「アプリ」タブを選択し、自動更新オプションを有効にします。

自動アップデートを有効にする

目的のアプリケーションを見つけます。

アプリを見つける

詳細オプションを選択し、ポップアップメニューで「以前のバージョンを削除」をオフにします。

以前のバージョンのアプリケーションを削除する

アドビのロゴ

アカウントにログイン