この情報は米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

 

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

 

問題点

 

Macromedia Dreamweaver 8 の [サイト定義] を設定し、[デザインノートの保持] オプションを無効にしているにも関わらず、ローカルルートフォルダの中に「_notes」フォルダと「dwsync.xml」ファイルが作成されます。デザインノートのクリーンアップを実行しても、これらのフォルダやファイルが削除されません。

 

理由

 

Dreamweaver は、「_notes」フォルダの中にある「dwsync.xml」ファイルに同期情報を保存しています。この「dwsync.xml」ファイルはデザインノートのファイルではありません。デザインノートのクリーンアップコマンドでは、デザインノートファイル(*.mno)のみが削除されます。

 

回避策

 

Dreamweaver の同期機能を無効にするには、[サイト定義] ダイアログボックスの [詳細設定] タブを開き、[リモート情報] カテゴリの [同期情報の保持] オプションのチェックを外します。このオプションを無効にすることによって「dwsync.xml」ファイルは削除され、今後作成されなくなります。「_notes」フォルダが残っている場合には手動で削除を行ってください。

 

 

メモ : [同期情報の保持] オプションを無効にすると、Dreamweaver の同期機能を使用することができなくなります。

 

追加情報

 

Dreamweaver の同期機能を使用しない場合、[サイト定義] ダイアログボックスの [詳細設定] タブを開き、[リモート情報] カテゴリのオプション [同期情報の保持] を無効に設定することができます。これによって保存されている「dwsync.xml」ファイルが削除され、新たに「_notes」フォルダと「dwsync.xml」ファイルが作成されることはなくなります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー