イントロダクション

 

Dreamweaver MX には、多様なファイルタイプを編集し表示できる機能が内蔵されています。この文書では Extensions.txt や MMDocumentTypes.xml ファイルを編集し、新しいファイルタイプを Dreamweaver に認識させたり、Dreamweaver のデザインビューモードで新しいファイルタイプを表示するために「コードビューで開く」を設定するといった、Dreamweaver のカスタマイズ方法を紹介します。

  • Extensions.txt ファイル

    Extensions.txt ファイルは Dreamweaver MX が認識するファイルタイプを全てリストしているテキストファイルです。このファイルはテキストエディタを使用して編集できるので、簡単にファイルタイプを追加することが出来ます。ただし、Dreamweaver が使用する configuration ファイルは他のテキストエディタ等で編集して下さい。Dreamweaver で直接編集しないことをお勧めします。
  • MMDocumentTypes.xml ファイル

    MMDocumentTypes.xml ファイルには、Dreamweaver MX で認識可能な各ドキュメントタイプに関連付けされた拡張子のリスト、及び、ドキュメントタイプの定義が保存されています。Extensions.txt ファイルに拡張子を追加するだけでは、Dreamweaver では拡張子を認識し、Dreamweaver でそのタイプのファイルを開くようにすることは出来ません。MMDocumentTypes.xml ファイルに拡張子を追加することによって、その新しく追加された拡張子をどのように扱うか、その拡張子がどのドキュメントタイプに従属するのかを Dreamweaver は認識します。



    Note: この文書には、MMDocumentTypes.xml ファイルの基本的な編集についてのみ掲載しています。より詳細なファイルの編集については、Dreamweaver 拡張ガイドをご覧ください。(Dreamweaver MX のメニューから [ヘルプ]-[Dreamweaver 拡張ガイド] を開き、"MMDocumentTypes.xml" を検索してください。)
  • コードビューで開く

    [コードビューで開く] 環境設定によってデザインビューで開かないファイル拡張子を指定します。この文書に記載しているインストラクションに沿って変更した後は、デザインビューでの編集を可能にするために、[コードビューで開く環境設定] から必要のないファイルの拡張子を取り除いてください。この環境設定を設定するには、メニューから [編集]-[環境設定]、または [Dreamweaver]-[環境設定] (Macintosh OS X) を選択し、カテゴリより [ファイルタイプ / エディタ] を選択します。

 

 Extensions.txt ファイルを編集する

 

Dreamweaver が認識する拡張子のリストに新しい拡張子を追加することが出来ます。新しい拡張子を追加するには、Extensions.txt ファイルを編集します。Extensions.txt ファイルのエントリーではメニューから [ファイル]-[開く] 及び [ファイル]-[保存] ダイアログボックスにリストされているファイルの順番も制御できます。この文書の例では、Dreamweaver MX に ".inc" というファイルタイプを追加します。

 

Extensions.txt ファイルにファイルタイプを追加するには:

  1. configuration フォルダにある Extensions.txt ファイルを探します。オペレーティングシステムによってこのフォルダの場所は異なります。
  • Windows NT:

    C:¥WinNT¥profiles¥username¥Application Data¥Macromedia¥Dreamweaver MX¥Configuration
  • Windows 2000 と Windows XP:

    C:¥Documents and Settings¥username¥Application Data¥Macromedia¥Dreamweaver MX¥Configuration

    (Windows XP ではこのフォルダは隠しフォルダになっていることがあります。)
  • Macintosh OS X:

    Hard disk: Users: username: Library: Application Support: Macromedia: Dreamweaver MX: Configuration
  • その他のオペレーティングシステム:

    Dreamweaver MX がインストールされている Dreamweaver MX フォルダ下にある Configuration フォルダ内にあります。



    Note: このファイルの編集内容はカレントユーザーに対してのみ適用されます。そのユーザープロファイル内で変更された内容はほかのユーザープロファイルには影響しません。Dreamweaver MX Configuration ファイルをマルチユーザー環境で編集する際の情報については Cutomizing Dreamweaver MX (英文のみ) をご覧ください。
  1. このファイルをテキストエディタで開きます。Dreamweaver の Configuration ファイルは、Dreamweaver ではなく、ほかの外部エディタで編集することをお勧めします。
  2. "All Documents" 行に拡張子を追加します。拡張子は、全て大文字で追加し、コンマで区切ります。(デフォルトで INC はリストされているはずですが、無い場合は追加してください。)



    例: HTML,HTM,SHTML,SHTML,INC
  3. 既存のドキュメントグループに拡張子を追加するには、希望するグループの拡張子リストに拡張子を追加します。新しいドキュメントグループを追加するには、新しいドキュメントタイプ及び関連付けされた拡張子のリストが保存された新しい行を追加します。



    例: INC:Include Files



    (この拡張子は、そのファイル内に既存する、Server Side Includeリストに追加することも可能です。)
  4. ファイルを保存します。Dreamweaver MX が起動している場合、アプリケーションを再起動すると変更が適用されます。

 

Note: 拡張子がリストされている順番は、[ファイル]-[開く] 及び [ファイル]-[保存] ダイアログボックスで表示される順番です。

 

 

 MMDocumentTypes.xml ファイル

 

Extensions.txt ファイルに Dreamweaver が認識する拡張子のリストが保存されているのに対し、MMDocumentTypes.xml ファイルには、サーバーモデル、カラーコーディングスタイル、説明、各ドキュメントタイプなどが保存されています。

 

Extensions.txt ファイルに拡張子を追加するのに加え、関連付けされているドキュメントタイプのファイル拡張子リストにも新しい拡張子を加えなければなりません。そうしなければ、Dreamweaver によってそのファイルタイプをどのように開くのか判断されず、デフォルトでコードビューに開いてしまいます。この拡張子が定義されているどのドキュメントタイプとも関連付けされていない場合、新しいドキュメントタイプを作成しなくてはいけません。新しいドキュメントタイプを作成するには Dreamweaver 拡張ガイドを参考にしてください。

 

Note:この文書では、『ドキュメントタイプの定義』は Dreamweaver MX によって認識されるドキュメントに関する情報が格納されたファイルを参照し、XML で言及される DTD とは関係ありません。

 

MMDocumentTypes.xml ファイルのドキュメントタイプの定義に拡張子を追加する手順:

  1. Dreamweaver MX の Configuration フォルダ (Dreamweaver MX / configuration / DocumentTypes) にある MMDocumentTypes.xml を見つけます。
  2. テキストエディタでファイルを開きます。Dreamweaver の Configuration ファイルは Dreamweaver 以外のアプリケーションで編集してください。
  3. 希望するドキュメントタイプを設定するタグを探します。以下は MMDocumentTypes.xml ファイルにある HTML ドキュメントのドキュメントタイプの定義の例です。



    <documenttype id="HTML" internaltype="HTML"

    winfileextension="html,htm,shtml,shtm,lasso,xhtml"

    macfileextension="html,htm,shtml,shtm,lasso,xhtml"

    file="Default.html" writebyteordermark="false">
  4. 「documenttype」タグの「windfileextension」と「macfileextension」属性に、新しい拡張子を追加します。



    例: winfileextension="html,htm,shtml,shtm,lasso,xhtml,inc"



    上記のコードでは、Dreamweaver が HTML ファイルとして扱うファイルのリストに、拡張子 INC が追加されています。このファイルタイプの Macintosh と Windows リストに拡張子を追加することによって、定義されている HTML ファイル拡張子の付いたほかのファイルと同じように、このファイルタイプも Dreamweaver 上ではデザインビューで開くようになります。
  5. ファイルを保存します。Dreamweaver MX が起動している場合は、Dreamweaver MX の再起動が必要です。

 

Note: 拡張子がリストされている順番は重要です。拡張子リストの最初にある拡張子がこのファイルタイプで使用されるデフォルトに拡張子になります。

 

 [コードビューで開く] 環境設定

 

最後に「ファイルタイプ/エディタ環境設定」(メニューから [編集]-[環境設定]) をチェックし、このファイル拡張子が [コードビューで開く] フィールドにリストされていないか確認します。デフォルトでは、INC ファイル拡張子はリストに表示されています。".inc" を [コードビューで開く] リストからはずすことで、この拡張子の付いたファイルはデザインビューで表示されるようになります。

 

追加情報

 

この文書は、米国 Adobe Systems Inc. の Changing and adding file extensions recognized by Dreamweaver MX (TechNote 16410) をもとに作成されました。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー