この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

内容 (What's Covered)

この文書では、ファイル転送プロトコル(FTP)を使用する際の FTP Passive(受動 FTP)モードについて説明します。

Web サイトのほとんどはコンピューターのローカル環境で開発され、Web サーバーに転送されます。Web サーバーによって、他のユーザーがインターネット上のサイトにアクセスできるようになります。

A. FTP(File Transfer Protocol)について

B. FTP 接続に関するファイアウォールの影響

C. Passive FTP(受動 FTP)について

A. FTP(File Transfer Protocol)について

FTP(File Transfer Protocol)とは、コンピューターから Web サーバーにファイルを転送する一般的な方法です。プロトコルとは、コンピューター間におけるデータ転送を規定する標準的な方法です。FTP プロトコルを使用してファイルを送信することができる多数のアプリケーションがあります。Dreamweaver では FTP を使用してリモートサーバーに接続します。

コンピュータと Web サーバ間における最初の接続

FTP クライアントで最初に Web サーバーに接続する際、FTP クライアントと Web サーバーの間でコントロールセッションが確立されます。この段階ではディレクトリの変更や転送するファイルなどを確認する命令のやり取りが行われます。

FTP クライアントは Web サーバーに接続するためにポートを開放する必要があります。FTP クライアントがドアの役割を果たし、Web サーバーに入るためにノックをするというような仕組みです。Web サーバーは接続用に多くのポート番号を使用している場合がありますが、多くの場合は FTP クライアントからの接続を受信するために 21 番を使用します。Dreamweaver の初期設定では、FTP を使用して Web サーバーへ接続する場合はこの 21 番ポートにアクセスします。FTP 接続設定の詳細については、Dreamweaver ヘルプ「リモートサーバーへの接続」を参照してください。

 

B. FTP 接続に関するファイアウォールの影響

ファイアウォールは、コンピューターが外部ネットワークへ無許可で接続することを防止し、ウイルスなどの脅威からコンピューターを保護する働きをします。インターネットにアクセスするために、アプリケーションで特別な構成オプションが必要になることがあります。ファイアウォールによって接続が妨げられると、一般的に以下のようなエラーメッセージが表示されます。

  • 「Cannot make connection to host (ホストに接続できません)」

 

C. Passive FTP(受動 FTP)について

Web ホスティングでは応答ポートが提供されますが、Passive FTP では FTP サーバーへのすべての接続が FTP クライアントによって確立されます。通常のファイアウォール環境では追加の構成情報を必要とせずに、Passive FTP 接続が許可されます。Passive FTP の使用方法について詳しくは、Dreamweaver ヘルプ「リモートサーバーへの接続」の手順 13. を参照してください。Passive FTP を使用すると、接続処理が遅くなる場合があります。

 

追加情報 (Additional Information)

FTP 接続の設定に関する情報は、Dreamweaver ヘルプ「リモートサーバーへの接続」を参照してください。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー