この文書は、Dreamweaver CS4/CS5/CS5.5 の基本的な使用方法を分かりやすく図解した内容となっています。

Dreamweaver CS4/CS5/CS5.5 で新規 HTML ドキュメントを作成する方法について解説します。

新規 HTML ドキュメントを作成してみよう

ドキュメントを保存してみよう

 新規 HTML ドキュメントを作成してみよう

Dreamweaver で空白の新規 HTML ファイルを開きます。

[ファイル] メニューの [新規] をクリックします。

 

[新規ドキュメント] ダイアログボックスが表示されたら、[空白ページ] をクリックします。

[HTML] を選択して、[作成] をクリックします。

空白の HTML ドキュメントが開きます。

 

[ようこそ] 画面を活用しよう

Dreamweaver の初期設定では、起動時に [ようこそ] 画面が表示されます。[ようこそ] 画面の [HTML] をクリックすることでも、空白の新規 HTML ドキュメントを開くことができます。

 

[ようこそ] 画面左下の [次回から表示しない] にチェックを付けると、次回の起動から表示されなくなります。

また、[ようこそ] 画面の表示/非表示の切り替えは環境設定からでも行うことができます。

 ドキュメントを保存してみよう

Dreamweaver で編集した HTML ドキュメントをコンピュータのハードディスク上に保存します。

[ファイル] メニューの [保存] をクリックします。

任意の保存場所およびファイル名を設定し、[保存] をクリックします。

ファイルが保存されました。

Step 2 で保存する場所に設定したフォルダを開き、確認してみましょう。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー