この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

A. パスワード不要の SSH アクセスを設定

Subversion または Adobe Dreamweaver を SVN+SSH 用に設定する前に、RSA キーペアを作成し、サーバー上のパブリックキーを設定してください。パブリック / プライベートキーペアにより、パスワードをプレーンテキストで保存せずに、サーバー認証を行えるようになります。(キーペアを使用せずに SSH の設定を行うことも可能ですが、セキュリティ上の問題があるため、弊社ではキーペアを使用することを推奨します。)

RSA キーを設定するには、クライアントコンピューター上でプライベート / パブリック RSA キーペアを作成する必要があります。パブリックキーをサーバー上に配置し、サーバー上のキーに権限を設定します。正しく設定されているかどうかを確認するために、後で SSH 接続をテストすることを推奨します。

 注意 : 以下の手順には、クライアントコンピューター上の操作と、サーバー上の操作の両方が含まれています。Windows の場合、SSH クライアント(TortoiseSVN など)および RSA キー生成アプリケーション(PuTTYgen など)が必要です。Mac OS には SSH クライアントとキー生成プログラムが付属しています。

A-1. RSA キーの作成 (Windows)

クライアントコンピューター上で以下の操作を行います。

  1. RSA キー生成アプリケーション(PuTTYgen など)を起動します。
  2. RSA キーペアを生成します。
  3. プライベートキーとパブリックキーを保存します。

    ※ 以下、private_key、publick_key という名前で保存した場合の手順です。
  4. サーバー上の「~/」に temp_rsa.pub という名前でパブリックキーをアップロードします。(SSH/FTP などを使用してください。)
  5. SSH 経由でサーバーに接続します。TotoiseSVN を使用している場合は、以下のコマンドを入力します。



     注意 : AccountName および ServerName は環境に合わせて変更してください。



    tortoiseplink AccountName@ServerName

     
  6. パスワードを入力してログインします。



     注意 : パスワードの入力を求められずにログインできる場合、コンピューターおよびログインはサーバー上ですでに認証されています。そのまま A-4. SSH 接続のテストに進んでください。

     

A-2. RSA キーの作成 (Mac OS)

クライアントコンピューター上で以下の操作を行います。

  1. ターミナルを起動します。
  2. 以下のコマンドを入力し、Return キーを押します。



    ssh-keygen -t rsa

     
  3. キーの保存確認が表示されたら、Return キーを押して初期設定の場所を選択します。
  4. (オプション) キーのパスフレーズを入力し、Return キーを押します。パスフレーズの再入力が求められたら入力し、再度 Return キーを押します。
  5. パブリックキーとプライベートキーが保存されたことを示すメッセージが表示されます。保存場所と名前も表示されます。
  6. 以下のコマンドを入力し、パブリックキーをサーバーにコピーします。

     注意 : AccountName および ServerName は環境に合わせて変更してください。



    scp .ssh/id_rsa.pub AccountName@ServerName:~/temp_rsa.pub

     
  7. SSH 経由でサーバーに接続します。以下のコマンドを入力します。

     注意 : AccountName および ServerName は環境に合わせて変更してください。



    ssh -l AccountName@ServerName

     
  8. パスワードを入力してログインします。



     注意 : パスワードの入力を求められずにログインできる場合、コンピューターおよびログインはサーバー上ですでに認証されています。そのまま A-4. SSH 接続のテストに進んでください。

     

A-3. サーバー上のキーを設定

SSH/FTP などを使用して、サーバー上で以下の操作を行います。

  1. .ssh フォルダーがサーバー上に存在することを確認します。以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。



    ls -al ~/.ssh

     
  2. 以下のいずれかの操作を行います。
  • ls コマンドの結果、フォルダーが存在しないことが確認された場合、フォルダーを作成してサーバー上のキーに権限を設定します。以下のコマンドを入力します。それぞれ入力後に Enter キーを押します。

    mkdir ~/.ssh

    mv ~/temp_rsa.pub ~/.ssh/authorized_keys
     
  • フォルダーが存在する場合は、サーバーの権限リストにキーを追加します。以下のコマンドを入力します。それぞれ入力後に Enter キーを押します。



    cat ~/.ssh/authorized_keys ~/temp_rsa.pub > temp_keys   

    mv temp_keys ~/.ssh/authorized_keys 

A-4. SSH 接続のテスト

上記の操作が完了したら、パスワードなしで SSH に接続できるか確認します。

パスワードの入力を求められる場合は、上記のサーバー側の操作を再度行ってください。必要に応じてクライアント側のキーペア作成からやり直し、残りの操作を行ってください。 

 注意 : キーを生成する際、サーバーのビット数を正しく設定してください。2048 ビットが一般的な設定ですが、必要に応じて Web ホストをチェックしてください。

再設定後もパスワードの入力が求められる場合は、OpenSSH FAQ を参照して、必要な設定を行ってください。

B. SSH 用に Subversion を設定 

SSH を使用できるように Subversion を設定するために、SSH クライアントにパスを追加し、Subversion の config ファイルにログイン情報を追加します。

 注意 : 以下の操作は、TortoiseSVN(Windows)/SSH クライアント(Mac OS)を使用している場合の手順です。

B-1. Subversion config ファイルの保存場所

Subversion の config ファイルを編集する必要があります。config ファイルは以下の場所に保存されています。

  • Windows 7/ Vista

    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Subversion\config
  • Windows XP

    C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Subversion\config
  • Mac OS

    Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/.subversion/config

B-2. Subversion の設定(Windows)

  1. Windows エクスプローラーで、B-1. のフォルダーを開きます。
  2. メモ帳などのテキストエディターを使用してファイルを開きます。
  3. 「tunnels」セクションで SSH クライアントの場所を指定します。(SSH クライアントのインストール先に依存します。)

    ファイルを開き、以下の記述を tunnels セクション直下に追加します。



    ssh = $SVN_SSH C:/PathToSSHClient/tortoiseplink.exe



     注意 : キーベースの認証を使用するには、-i キーへのパスを追加します。

    例 : ssh = $SVN_SSH C:/PathToSSHClient/tortoiseplink.exe -i PathToKey 

    また、-l UserName -pw Password を追加して、ユーザー名とパスワードを指定することもできます。この方法はセキュリティが低下するため、弊社では推奨しておりません。



  4. config ファイルを保存して閉じます。

B-3. Subversion の設定(Mac OS)

  1. Finder で B-1. のフォルダーに移動します。
  2. テキストエディットなどのエディターを使用して Subversion の config ファイルを開きます。
  3. 「tunnels」セクションの直下に以下の記述を追加します。

    ssh = $SVN_SSH /usr/bin/ssh



     注意 : SSH のパスは、通常 "/usr/bin/ssh" です。ターミナルで which ssh と入力して確認することもできます。



     注意 : キーベースの認証を使用するには、-i キーへのパスを追加します。

    例 : ssh = $SVN_SSH /usr/bin/ssh -i PathToKey

    また、「-l UserName -pw Password」を追加して、ユーザー名とパスワードを指定することもできます。この方法はセキュリティが低下するため、弊社では推奨しておりません。

     
  4. config ファイルを保存して閉じます。

C. SSH/Subversion を使用する Dreamweaver サイト設定

  1. Dreamweaver のサイト設定を開き、画面左のリストからバージョンコントロールを選択します。
  2. アクセスポップアップメニューから Subversion を選択します。
  3. プロトコルポップアップメニューから SVN+SSH を選択します。
  4. サーバーアドレステキストフィールドに、サーバーのアドレスを入力します。
  5. サーバーアドレスに含まれていない場合は、リポジトリパステキストフィールドにリポジトリパスを入力します。
  6. (Dreamweaver CS4 のみ)
    1. サーバーで使用されているポートがデフォルトの 22 番以外の場合、ポートを指定を選択し、番号を入力します。
    2. ユーザー名とパスワードを入力します。匿名ログインの場合は空欄のままにします。



       注意 : ユーザー名とパスワードは Dreamweaver から取得することはできません。ユーザーを送信する唯一の方法は、サーバー名フィールドに「AccountName@ServerName」 を入力することです。
  7. 「テスト」ボタンをクリックして接続を確認します。
  8. サイト設定ダイアログボックスを閉じます。
  9. ファイルパネルで、ローカルビューまたはリポジトリビューを選択します。
  10. ルートフォルダーを右クリック(Windows)/Control + クリック(Mac OS)し、バージョンコントロール/最新バージョンを取得を選択して、ファイル一覧を最新の状態に更新します。

追加情報 (Additional Information)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー