カスタム権限グループの作成

この記事では、アドビの Dynamic Tag Manager(DTM)内でカスタム権限グループを作成する方法について説明します。カスタム権限グループは、DTM 内で使用可能なデフォルトの権限以外の権限を持つグループとして定義されます。

カスタムグループは一般的に、複数の Web プロパティを持つ顧客によって使用されます。カスタムグループには、第一の Web プロパティの承認者アクセスと、2 番目の Web プロパティのユーザー専用アクセスを含めることができます。

グループの作成

1. Marketing Cloud から、または dtm.adobe.com から直接 DTM にログインします。

DTM にログイン

2. 「グループ」タブをクリックします。

「グループ」タブをクリック

3. 「新規グループを作成」をクリックします。

「新規グループを作成」ボタン

4. グループの名前と説明を入力します。次に、グループ内のユーザーが変更できるツールの制限を設定します。 各ツールのとなりのボックスをクリックすると、グループ内のユーザーはそのツールおよび関連する設定を作成したり変更したりできなくなります 。最後に、グループのデフォルトの役割を設定できます。

次の表は、各役割と一般的なタスクを示します。

ユーザーの役割 ルールの作成 ルールの編集 ルールのテスト ルールの承認 ルールの発行 ユーザーの作成/編集 プロパティの作成/編集
(デフォルトの役割なし)            
ユーザー        
承認者      
発行者      
承認者 + 発行者    
管理者
ツールの制限を設定

5. 「グループを保存」をクリックします。

複数 Web プロパティ用のユーザー専用権限の設定

上記のリストが用途に合う場合は、「プロパティごとの役割を定義」をクリックして、各ユーザー専用の権限を個々の Web プロパティに付与できます。

「プロパティごとの役割を定義」ボタン

このボタンをクリックすると、Web プロパティごとにユーザーの役割を定義できます。

Web プロパティごとにユーザーの役割を定義

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー