アドビは、DTM ライブラリの非同期デプロイを推奨またはサポートしていません。この方法で実装すると、DTM の多くの機能が失われます。

例:

ページ上部の実行ルールは、一貫して動作しません。非同期埋め込みコードを使用すると、ライブラリファイルは、設定されている場所ではなく、任意のポイントでブラウザーによって読み込みおよび解析されます。

ベストプラクティスは、DTM を同期的に実装することです。その後、スクリプトやタグを必要に応じて非同期的に DTM インターフェイスでデプロイします。これがオプションでない場合は、非同期 JavaScript メソッドのいずれかを使用して、非同期でコードを実装できます。ただし、この方法で実装することは、ルール機能に影響を及ぼすことがあります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー