ツール設定内で、「EU コンプライアンスを有効にする」チェックボックスをオンにします。この設定は、Analytics ツールを実行する前に「sat_track」Cookie の存在を確認します。

「EU コンプライアンスを有効にする」設定を有効にすると、システムは sat_track という Cookie が各ページの読み込み時に設定されているかどうかを確認します。プロパティにカスタム Cookie が指定されている場合、システムはカスタム Cookie 名を確認します。

訪問者がオプトアウトする場合、プロパティ所有者/マネージャーが sat_track(またはカスタム名)Cookie を false に設定する必要があります。これは、ページ先頭のページ読み込みルール内に次のカスタムコードを使用することで達成できます。_satellite.setCookie(“sat_track”, “false”);

この設定を有効にすると、Analytics ツールは次のように動作します。

  • Cookie が存在しない場合または Cookie が存在していても true 以外に設定されている場合、ツールの読み込みはスキップされます。つまり、ツールを使用するルールのどの部分も適用されません。
  • ルールで Analytics の EU コンプライアンスがオンになっていて、ルールにサードパーティコードが含まれ、その Cookie が false の場合、そのサードパーティコードは引き続き実行されます。ただし、Analytics 変数は設定されません。
  • Cookie が存在し、true に設定されている場合、ツールは通常どおり読み込まれます。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー