この記事では、Adobe Dynamic Tag Management ( DTM ) で Adobe Experience Cloud ID サービス、Append Visitor ID 機能の実装に記載します。

前提条件

  • 原点およびターゲットドメインの両方で DTM Experience Cloud ID Service に Experience Cloud ID Service VisitorAPI.js 1.8.0 以上を読み込みます。
  • 機能を検証するためには、クッキーを遮断するブラウザの状況でテストを行う必要があります。

セットアップ - ドメイン A

一連のページ読み込みルールのトップで、ターゲットドメイン(ドメイン B)をドメイン A のカスタムサードパーティの JavaScript で設定します。例:

Screenshot 2016-09-20 16.02.25
Screenshot 2016-09-20 16.04.57
//Code on Domain A
var domainB = "www.domainb.com";

//Call the ID service
var visitor = Visitor.getInstance ("Insert Marketing Cloud organization ID here",{
   trackingServer: "Insert tracking server here here",  //Same as s.trackingServer
   trackingServerSecure: "Insert secure tracking server here",  //Same as s.trackingServerSecure
   ...
   //Other getInstance variables here
   ...
});

//Add the helper function
var domainBWithVisitorIDs = visitor.appendVisitorIDsTo(domainB);

//Redirect to Domain B
window.location = _satellite.getVisitorId().appendVisitorIDsTo(domainB)

注意:

より明示的なパスにリダイレクトするには、ドメイン設定がその目的を反映する必要があります。リダイレクトにさらに動的な構造が必要な場合は、カスタムコードをデータ要素または直接呼び出しルールに追加できます。例:var domainB = "http://www.domainb.com/products/"

検証 - ドメイン B

ドメイン A からドメイン B に移動します。開発者コンソールで次のように呼び出して、ドメイン B の MID がドメイン A の MID と一致することを検証します。

_satellite.getVisitorId().getMarketingCloudVisitorID()

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー