ターゲット設定の設定で自動的にグローバル mbox が指定されている場合、TNT.createGlobalMbox() は、取得された mbox.js コードの最後に追加されます。デフォルトのグローバル mbox は「ターゲットーグローバルー mbox」と呼ばれますが、ターゲット管理者 UI で変更できます。ルール ( mbox 固有 ) の設定を持たない DTM にターゲットツールがロードされると、「ターゲットーグローバルー mbox」で実行するよう設定されたキャンペーンは、自動設定が構成に含まれている場合、実行されます。そうでない場合は、キャンペーンは実行されません。

また、TNT.createGlobalMbox() を手動でページロードルールに追加して、mbox 作成のタイミングを制御することもできます。(これは、開始 body タグの後に div を挿入するためです。)代替のグローバル mbox の指定も作成できますが、これが正常に動作するには、mbox コードを修正する必要があります。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー