コードが DTM によって管理されている場合は、要件に応じて s オブジェクトを動的に参照することができます。その場合、実装によっては問題が起きることがあります。ここでは、発生しうるシナリオを想定して、それらをトラブルシューティングする方法を紹介します。

  • s オブジェクトを参照できない。    
  • s_account 変数を上書きする場合。

s オブジェクトの参照時に問題が発生した場合は、_satellite オブジェクトを使用してトラブルシューティングを行うことができます。

_satellite オブジェクトを使用すると、このオブジェクトを使用してすべてのライブラリ、ルール、およびツールの設定を取得して、_satellite オブジェクトからの通知を取得できます。

s オブジェクトの設定は _satellite 内にあるオブジェクト(settings: Object)から取得できます。それをすべての現在の _satellite 設定を取得するのに使用できます.初期設定は _satellite.configurationSettings.settings と同じですが、ページレベルイベントによって参照されるところが configurationSettings とは異なります。

s_account 変数を上書きをしようとする時、その変数を動的に設定して、条件に基づいてレポートスイートに入力したい場合があります。例えば、ステージング環境と実稼働環境で異なる RSID がある場合です。次のコードで解決することができます。

/* 実働環境では正しいレポートスイーツを設定してください */

if (! _satellite.settings.isStaging) {

s_account = _satellite.getVar(s_account_prod)

s=s_gi(s_account)

}

このシナリオでは、s_account は環境に応じて動的に設定されます。コードは異なる要件に応じて条件式を変更して使用できます。

それでも s_account を動的に上書きできない場合は、コードを自分で管理して(「managed by Adobe」オプションのチェックを外す)、動くかどうかを確認します。

問題が解決しない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー