Edge 製品ファミリーの活発な開発の終了

Adobe Edge Tools & Services は、レスポンシブ Web デザイン、クロスブラウザーテスト、および HTML5 アニメーションを可能にするタスク重視の軽量アプリセットを開発および実験する手段として Adobe が 2012 年にリリースしました。Web デザイナーや開発者に歓迎されましたが、既存のツールやワークフローとのより緊密な結合が常に求められました。

このフィードバックの実現に努力とリソースを傾けるために、Edge Reflow(プレビュー)Edge Inspect、および Edge Animate の活発な開発を終了することになりました。Adobe では、オープン Web 基準の継続的なサポートにより、業界をリードするクリエイティブツールにそれらのコア機能をもたらすよう努力してまいります。既に進行中のいくつかの取り組みの例を示します。

  • Dreamweaver では、Edge Reflow に着想を得た革新的なビジュアルエイドを取り入れて、Bootstrap フレームワークの最高品質のサポートにより、レスポンシブ Web デザインのための最高のツールとなっています。
  • 10 月に開催された MAX 会議では、コードの処理を希望しないデザイナーのために、レスポンシブデザインが Adobe Muse で採用されることが発表されました。Edge Reflow は、このレスポンシブデザインの導入において大きな役割を担いました。
  • Photoshop および Dreamweaver のデバイスプレビューでは、実際のデバイスで Web サイトまたはモバイルアプリのデザインをプレビューおよび検証することができます。これは Edge Inspect の主要な機能でもあります。
  • Adobe の主力ベクトルアニメーションツールである Flash Professional(今後は Adobe Animate CC に名称変更)は、Flash 形式をサポートしながら HTML5 Canvas と WebGL をネイティブでサポートするために数年かけて抜本的に書き直されました。高度なアーキテクチャを持つ SVG など任意の形式に書き出すこともできます。
  • 2016 年に、Dreamweaver はオープンソースエディター Brackets を統合して、完全に近代化されたコーディング環境を提供します。

Edge Tools & Services は Creative Cloud メンバーに引き続き提供され、必要に応じてセキュリティの更新やバグの修正が行われます。

当社では、Adobe の主力ツールによって次世代技術と HTML5 機能をサポートできることをうれしく思っています。当社の究極の目標は、お客様が Web やモバイルで各自の目標を確実に達成できるよう支援することです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー