Edge Animate 5.0(2014 年 10 月のリリース)の後に報告された以下の問題は、2014.1.1 アップデート(別名 5.0.1 アップデート)で修正されました。

  1. Elements パネルでレイヤーの順序を調整したり、キーフレームを削除したりすると、エラーメッセージが表示されます。

  2. Adobe Muse 内に OAM ファイルが配置される:Edge Animate のスクロール効果の設定が機能しません。

    (Muse の次のアップデートまでは、OAM ファイルを公開する前に Edge Animate コンポジション内で自動再生をオフにする必要があります。)

  3. 最初のフレームに追加すると、停止再生、および逆再生に問題が発生します。

  4. iOS デバイスでのオーディオ/ビデオの再生が修正されました。

  5. 自動再生がオフの場合、オーディオコントロールが表示されません。

  6. アニメーションを再生すると、Edge Animate がすべてのエレメントをリセットしません。また、クリップされたファイルが画面に表示されたままになり、リセットされません。

  7. bindTriggerAction を使用すると、最新の登録済みアクションのみがトリガされます。予期されるビヘイビアー:シンボルに関連付けられたすべてのアクションがトリガされる必要があります。

  8. HTM ファイルが Edge Animate で開かれていると、エラーメッセージが表示されます。この問題は HTML ファイルでは見られません。

  9. 公開された HTML ファイルがブラウザーに読み込まれません。「use strict;」の部分を edge.js ファイルから削除すると、ファイルの読み込みが意図したとおりに行われます。

  10. TextShadow および LineHeight が正しく動作しません。

  11. 一部のコンポジションをアップグレードする際に、不正な構文が生成されます。

  12. 新しいランタイムは、存在しないシンボルインスタンスのバインディングに関してより厳しくなりました。存在しないシンボルを含むプロジェクトを Edge Animate 5.0 で開くと、エラーメッセージが表示されます。

  13. オン」、「オフ」、および「常にオン」を使用して「ディスプレイ」を切り替えようとすると予期しないビヘイビアーが発生します。

  14. 再生」をクリックし、「再生」と「停止」を切り替えると、コメントに表示上の問題が発生します。

  15. jQuery の関数が一度に複数のクラスを削除できるのに対し、Edge API の removeClass 関数は、一度に 1 つのクラスしか削除しません。また、addClass は意図したとおりに動作しません。

  16. シンボル getSymbolTypeName、および seek
    に対し、不明な API が追加されました。

  17. CSS の代わりに埋め込みコードを使用すると、カスタムフォントが動作しません。

  18. createSymbolChildcreateChildSymboldeleteSymbol、および getChildSymbols API における修正。

  19. ガイドが定規に戻っても削除されません。

  20. jQuery を使用しないバインドおよびバインド解除 API における修正。不透明度の値のある特定の場合に関するプロパティのトゥイーンにおける修正。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー