注意:2015 年 11 月をもって Edge Animate の活発な開発は終了しました。詳しくは、こちらを参照してください。

環境設定ファイルが破損していると、Eddge Animate でクラッシュ、エラー、その他の予期しない動作が発生します。以下の説明に従って、環境設定をデフォルト設定に復元してください。

Windows の場合 : 以下の一部の手順では、非表示のフォルダーにアクセスする必要があります。初期設定では、Windows は非表示フォルダーやファイルを表示しません。これらの非表示フォルダーを表示する手順については、「非表示のファイル、フォルダー、ファイル名拡張子を表示する | Windows Vista、Windows 7」を参照してください。

Mac OS 10.7 "Lion" の場合 : 以下の一部の手順では、ライブラリーフォルダーにアクセスする必要があります。Mac OS 10.7 では、このフォルダーは非表示になっています。ユーザーライブラリにアクセスする手順については、「Access hidden user library files | Mac OS 10.7 Lion(非表示のユーザーライブラリファイルへのアクセス | Mac OS 10.7 Lion)」を参照してください。

現在の環境設定を削除する

  1. Edge Animate を終了します。

  2. 次のいずれかの操作を実行します。

    • Mac OS: Finder で、/Users/自分のユーザー名/Library/Preferences/Adobe に移動します。
    • Windows : Windows Explorer で、C:\Users\自分のユーザー名\AppData\Roaming\Adobe に移動します。
  3. Edge Animate フォルダーの名前を変更します (例えば、Old Edge Animate)。

問題が再発するか確かめる

既存の環境設定を削除した後に、Edge Animate を再起動します。アプリケーションはデフォルト設定を使用して、新しい環境設定ファイルとフォルダーを作成します。 

以前に発生した問題が再発するかどうか確認します。

問題が解決されていれば、破損した環境設定が原因だったことになります。

問題が再発する場合は、環境設定が原因ではなかったことになるので、元の環境設定に戻すことができます。

元の環境設定に戻すには、次の手順を実行します。

  1. Edge Animate を終了します。

  2. 新しい環境設定フォルダーを削除し、元のフォルダーを元の名前に戻します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー