Adobe Digital Publishing Suite(DPS)を用いてパブリッシュされた電子マガジンは、Edge Animate コンポジションを含めることにより魅力的かつ興味深くなります。Edge Animate を使用すると、Adobe InDesign(DPSの一部)に簡単に組み込むことができる OAM ファイルとしてコンポジションをパブリッシュできます。

さらに、Edge Animate コンポジションは電子マガジン内のナビゲーションエイドとして使用できます。コンポジション内のエレメントには、マガジンでアニメーションが埋め込まれる特定の記事に対してハイパーリンクを作成できます。読者はそうしたハイパーリンクエレメントをクリックすると、関連する記事に素早くジャンプできます。

ハイパーリンクは、コンポジションのエレメントと必要な Adobe DPS 記事との間に Edge Animate から簡単に設定できます。設定後、アニメーションを OAM ファイルとしてパブリッシュし、それらを記事内に埋め込むことによってリンクをテストできます。

Adobe DPS 記事または記事内のページとエレメントとの間にハイパーリンクを作成するには、次のようにします。

  1. タイムラインでステージの横にある {} をクリックします。

  2. アクションエディターに表示されるリストからトリガーを選択します。ナビゲーションを設定するため、compositionReady イベントを選択することをお勧めします。

    compositionReady イベントが表示されているアクションエディター
    compositionReady イベントが表示されているアクションエディター
  3. 「アクションを選択」セクションで「Adobe DPS」をクリックし、「記事をナビゲート」をクリックします。リンク先の記事名およびページ番号を指定します。また、手順 5 に記されているように詳細を指定するためのコードを編集することもできます。

    アクションエディターの Adobe DPS アクションオプション
  4. 「ターゲットを選択」セクションで「ステージ」をクリックし、上のアクションのターゲットとなるエレメントの名前をダブルクリックします。

  5. (オプション)コードを編集して、次のいずれかを指定します。

    • Adobe InDesign において必要な Folio 形式での記事の名前とページ番号

    例:

    sym.$("Rectangle").append('<a style="display:block;width:100%;height:100%;" href="navto://my_article_Name#my_page_number"/>');
    • 記事への相対リンク(first、last、next、previous、current など)

    例:

    folio 形式で最後の記事にある最終ページにナビゲートするには、navto://relative/last#last を使用します。

    sym.$("Rectangle").append('<a style="display:block;width:100%;height:100%;" href="navto://relative/last#last');

    相対的な navto ハイパーリンクの使用法について詳しくは、Adobe DPS のドキュメントを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー