macOS で Elements Organizer 2020 の自動処理を設定する方法

自動処理とは

Elements Organizer では、画像のスライドショーを PDF 形式で作成して電子メールで送信できます(この場合、Mail や Outlook などのアプリケーションの起動が必要になります)。このような処理を自動処理といいます。

macOS 10.14.6 以降では、自動処理を行うためのアクセス権をアプリケーションに明示的に設定する必要があります。アプリケーションから別のアプリケーションを初めて起動するときに、アクセス権のダイアログが表示されます。このダイアログでアクセス権の設定を行います。

PDF のスライドショーを作成して共有したり、電子メールで画像を共有するには、Elements Organizer に Mail または Outlook アプリケーションを使用するためのアクセス権が必要です。

Photoshop Elements 2020 または Premiere Elements 2020 をインストールした後で、「PDF を共有」または「電子メールで共有」機能を初めて使用するときに、以下のスクリーンショットのようなダイアログが表示されます。

自動処理のプロセス

Elements Organizer の環境設定で Mail アプリケーションまたはデフォルトのメールクライアントに指定しているアプリケーションのアクセス権を設定する必要があります(cmd + K で「電子メール」を選択)。

Elements Organizer で PDF スライドショーのファイルを送信するには、このダイアログで「OK」をクリックします。「許可しない」を選択すると、Elements Organizer から Mail アプリケーションを起動できません。この場合、優先のメールクライアントから画像付きの電子メールを送信できません。

画像付きの電子メールを送信するには、システムのアクセス権データベースをリセットする必要があります。この操作を行うには、上記のアクセス権のダイアログを再度表示します。「OK」ボタンをクリックすると、画像を電子メールまたは PDF スライドショーとして送信できます。

Elements Organizer 2020 の環境設定で自動処理をリセットする

警告:

このプロセスでは、他のアプリケーションに対する自動処理のアクセス権をリセットします。アプリケーションごとに、自動処理のアクセス権を明示的に割り当てる必要があります。手順は簡単です。どのアプリケーションでもこのようなダイアログが表示されます。「OK」ボタンを押すだけで、マシン上の他のアプリケーションの起動を許可できます。

アクセス権のデータベースをリセットするには、次の操作を行います。

  1. Mac マシンでターミナルアプリケーションを開きます。Applications フォルダーの Utilities フォルダーに移動します。Utilities フォルダーの中にターミナルアプリケーションがあります。あるいは、Cmd キーを押しながらスペースバーを押し、Spotlight 検索で「Terminal」と入力します。検索結果からターミナルアプリケーションを開きます。

  2. ターミナルウィンドウで次のコマンドを入力し、tccutil reset database AppleEvents と入力します。

  3. これで終わりです。システムで自動処理のアクセス権がリセットされました。 

    ここで Elements Organizer に移動して電子メールで画像を送信しようとすると、Mail アプリケーションを起動するためのアクセス権を Elements Organizer に与えるように求められます。「OK」を押します。これで電子メールで画像を送信できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン