Encore DVD にはコピープロテクション機能が搭載されており、コピープロテクトをかけることができます。

コピープロテクションを使用すると、コンテンツの複製を制限したり防止することができます。

Encore DVD では、業界標準のコピープロテクション方式が採用されており、コピープロテクトのかかった DVD の作成が可能です。

コピープロテクションの設定

プロジェクトのコピープロテクションの設定は、[ディスク] パネルの [プロジェクト設定] を使用して行います。コピープロテクションは複製されたディスクでのみ機能します。

※ コピープロテクションが必要な場合は、Digital Linear Tape (DLT) を使用して複製する必要があります。

3 種類のコピープロテクション機能

Encore DVD は、CSS、マクロビジョン、CGMSという 3 種類のコピープロテクション機能を採用しています。

CGMS (Copy Guard Management System)

ディスクから作成できるコピー数を制限します。CSS とマクロビジョンを有効にするには、CGMS の設定で 「コピー禁止」 を選択する必要があります。

CSS (Content Scrambling System)

保護データのデジタルコピーの再生防止を行う場合に使用します。

ビデオデータを暗号化し、次に元のディスクからのみ読め込める暗号解除キーを含めます。複製されたコピーには暗号解除キーが含まれないので、ビデオはスクランブル表示されます。

暗号キーの処理は、Encore DVD ではなく複製レベルで行われます。

マクロビジョン (Analog Protection System)

アナログコピープロテクション方式で、DVD から VCR などのアナログビデオデバイスに記録されたデータの再生防止を目的としています。

マクロビジョンによってエンコードされたデータからアナログデバイスに電子パルスが送信され、記録の同期を妨害し、記録された画像をスクランブルすることができます。

マクロビジョンには 「Type1」「Type2」「Type3」 の 3 種類のプロテクションがあり、Encore DVD ではすべての種類を使用できます。

注意 :

マクロビジョンのコピープロテクションを使用するには、ディスク単位のロイヤリティを支払う必要があります。詳しくは複製サービス業者にお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー