この文書では、Adobe Encore CS5.x/CS6 から DVD または Blu-ray に書き出す際に生じる問題を解決するための、さまざまな対象方法について説明しています。発生する現象は、エラーメッセージやフリーズ、強制終了など様々です。

より効果的なトラブルシューティングを行うために、記載されている順番通りに作業を行ってください。実行した作業やその際のエラーなどはメモに記録しておいてください。弊社テクニカルサポートに問い合わせる際は、それらの情報をお知らせいただくことにより、さらに適切なサポートを提供できるようになります。

A. 基本的なトラブルシューティング

このセクションの作業は、一般的なシステム関連エラーの解決に役立ちます。システムエラー発生後は、必ずコンピュータを再起動してメモリをリフレッシュしてください。再起動せずに作業を続行すると、別の問題が発生する可能性もあります。

A-1. 必要システム構成

システムが以下の必要システム構成を満たしていない場合、Encore は正常に動作しない可能性があります。特に複雑で大きなプロジェクトで作業する場合は、ハードディスクの空き容量やメモリの増設などによって問題が改善される可能性があります。

使用しているコンピューターが必要システムを満たしているかどうか確認する方法については、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 cpsid_89346 必要システムを満たしているか確認する方法

注意:

重要 : 必要システムに含まれていない Windows 8.x および Mac OS X 10.8/10.9 での動作は保証されておらず、サポート対象外となりますのでご注意ください。詳細については、Encore CS6 FAQ を参照してください。

A-2. オペレーティングシステムのアップデート

オペレーティングシステムのアップデートにより、パフォーマンスやアプリケーションの互換性の問題が改善される場合があります。

  • Windows の場合
    コントロールパネルから Windows Update にアクセスします。
  • Mac OS の場合
    アップルメニューから「ソフトウェアアップデート」を選択します。

A-3. ビデオカードドライバー

ビデオカードドライバーに問題が発生している場合、または最新のドライバーではない場合などには、動画やテクスチャーの表示が乱れたり、必要な機能を正しく呼び出せない可能性があります。最新のドライバーの情報については、ビデオカードまたはコンピューターの製造元にお問い合わせください。ビデオカードの製造元を確認するには、デバイスマネージャーでカードのプロパティを参照します。

A-4. プロジェクトアセットのトランスコード

プロジェクト内のアセットアイコンを右クリックし、「今すぐトランスコード]」を選択します。トランスコード中にエラーが発生した場合は、特定のメディアアセットに問題がある可能性があります。アセットを再作成し、古いものと置き換えてください。

A-5. Encoreを管理者権限で起動(Windows)

Encore を管理者権限で起動するように設定することで問題が改善される可能性があります。特定のアプリケーションを管理者権限で起動する方法については、文書番号 230789 アプリケーションを管理者権限で実行する方法(Windows 7/Vista)を参照してください。

B. 問題の原因を特定

上記のトラブルシューティングで問題が解決しなかった場合は、問題の原因が読み込んだアセット自体にあるのか、もしくは DVD ドライブやその他のシステム関連の問題であるのかを特定します。以下の操作を行います。

  1. Encore を起動し、プロジェクトを開きます。
  2. ファイル/ビルド/フォルダーを選択します。
  3. ビルドパネルが開いたら、以下のいずれかの操作を行います。

    - 「形式」ポップアップメニューから「DVD」を選択し、「出力」ポップアップメニューから「DVD フォルダー」を選択します。

    - 「形式」ポップアップメニューから「Blu-ray」を選択し、「出力」ポップアップメニューから「Blu-ray フォルダー」を選択します。
  4. 保存先セクションで「参照」ボタンをクリックし、書き出し先のフォルダーとファイル名を指定します。
  5. パネル右上の「ビルド」をクリックします。

ディスクへの書き出しは失敗しても、DVD/Blu-ray フォルダーは正常に作成できる場合、ハードウェアとシステムの問題が考えられます。C. ハードウェアとシステムの問題に関するトラブルシューティングを参照してください。

DVD/Blu-ray フォルダーの書き出しも失敗する場合は、プロジェクト固有の問題が考えられます。D. プロジェクトのトラブルシューティングを参照してください。

C. ハードウェアとシステムの問題に関するトラブルシューティング

C-1. ディスクの種類を確認

使用しているディスクの書き込みを、ドライブがサポートしているか確認します。詳細は、コンピューターやドライブに付属の説明書を参照するか、または製造元にお問い合わせください。また、異なる製造元のディスクを使用することで問題が改善される可能性もあります。

C-2. ディスク上のデータを消去

DVD-RW や BD-RE などの上書き可能なディスクの場合、あらかじめディスク上のデータを消去しておくことで問題が改善する可能性があります。サードパーティ製のユーティリティなどを使用して、ディスク上のデータを消去してください。

C-3. ファームウェアのアップデート

DVD/Blu-ray ドライブのファームウェアをアップデートすることにより、問題が改善される可能性があります。詳細はコンピューターまたはドライブの製造元にお問い合わせください。

C-4. 書込み速度の調節

書込み速度ポップアップメニューから速度を複数選択できる場合は、より低速な設定を選択してください。

C-5. 使用していない外付けドライブの無効化

複数の外付けドライブが接続されている場合は、書込みに使用するドライブのみ接続し、それ以外のドライブは接続を解除してください。

C-6. Encore を単独で起動

書込みドライブにアクセスするアプリケーションを Encore と同時に起動していると、書き込み処理に問題が発生する可能性があります。書込みを行う際は、あらかじめ Encore 以外のアプリケーションを終了してください。

また、システムのバックグラウンドで動作するプロセスやサービスが、書き込み処理の妨げになることがあります。以下の文書を参照し、オペレーティングシステムを最小限の構成で起動してから書き込みを行ってください。

システム構成ユーティリティで不要なサービスを停止する(Windows)

セーフブートで起動する方法(Macintosh)

C-7. Windows Aero の無効化

Windows Aero が有効な場合、Encore の動作に影響を及ぼすことがあります。以下の Microsoft 社 Web サイトを参照し、Windows Aero を無効にしてください。

Windows Aero に関する問題のトラブルシューティング

C-8. ユーザーアカウント制御の無効化(Windows)

ユーザーアカウント制御を無効にして問題が解決するか確認します。

 重要 : ユーザーアカウント制御は、システムに影響を及ぼす可能性のある予期しない動作が実行されるのを防ぐための機能です。ユーザーアカウント制御を無効にすることによって、これらの通知は無効にされます。

ユーザーアカウント制御を無効にする方法については、以下の Microsoft 社 Web サイトを参照してください。

C-9. 自動再生の無効化(Windows)

Windows Autoplay は Encore と競合する可能性があります。Autoplay を無効にする方法については Windows のヘルプを参照してください

C-10. 新規ユーザーアカウント

ユーザーアカウントの破損によってアプリケーションが正常に動作していない可能性があります。管理者権限のあるユーザーアカウントを新規作成し、作成したアカウントでログインして Encore を起動します。

新規ユーザーアカウントを作成する方法については、以下の文書を参照してください。

新規ユーザーアカウントの作成方法

D. プロジェクトのトラブルシューティング

プロジェクトで使用しているファイルが原因で、エラーが発生する可能性があります。

 注意 : 以下の手順には、テストの書き出し処理が含まれます。上書き可能なディスクをあらかじめ用意することをお勧めします。

  1. プロジェクトのコピーを作成します。
  • プロジェクトを閉じます。
  • 保存されたプロジェクトファイルを見つけ、他の場所にプロジェクトファイルとプロジェクトフォルダをコピーします。
  • オリジナルのプロジェクトファイルとプロジェクトフォルダの場所と名前を記録し、これらの名前を変更します。
  • 新規コピーをオリジナルの場所に移動します。
  1. 個々のアセットをどれが問題なのかを確認するために削除します。

     注意 : 問題のファイルタイプには、以下のものが含まれす。
    - MPEG2 の場合 : データレートが低すぎる場合は、再作成します。
    - WAV の場合 : トランスコード設定欄で N/A となっている場合は、トランスコードします。
    - MP3 の場合 : WAV ファイルに変換します。
    - マルチプレクサファイルの場合 : マルチプレクサを解除するか、ビデオ編集アプリケーションから(M2V と WAV などのストリーミング要素に)分離した 2 つのファイルとして書き出します。

  • プロジェクトのコピーを開きます。
  • 背景ビデオ、またはビデオボタンをメニューから削除し、 DVD をビルドします。ビルドが成功した場合、アニメーションのいずれかが問題の原因である可能性があります。

    - メニューのループデュレーションが短すぎる場合、時間を延ばしてもう一度行います。

    - ビデオ背景、またはボタンを再度読み込み、再リンク、再トランスコードします。メニューからオーディオファイルへのリンクを削除し、 DVD をビルドします。ビルドが成功した場合は、オーディオファイルが問題の原因である可能性があります。オーディオファイルを再読み込み、再リンク、再作成します。
  • タイムラインをプロジェクトから削除し、 DVD をビルドします。ビルドが成功した場合は、タイムラインが問題の原因である可能性があります。問題のタイムラインを再作成するか、タイムラインの問題をトラブルシューティングします。タイムラインの問題のトラブルシューティングを行うには、以下の操作手順を行います。
  • 手順 1. を行い、オリジナルのプロジェクトのもう 1 つのコピーを作成します。
  1. ビデオクリップの始まり、または終わりのいくつかのフレーム内のタイムラインマーカー、またはビデオクリップをトリムした際に残る孤立したマーカーを確認します。
  2. DVD をビルドします。
  3. 問題が再現する場合、字幕トラックを削除し、再度 DVD をビルドします。
  4. 問題の原因を特定した場合、オリジナルのプロジェクト内でその要素を置き換えます。
  • プロジェクトのコピーを削除します。
  • オリジナルのプロジェクトファイルとプロジェクトフォルダを手順 1. で記録した名前に戻します。
  • プロジェクトを開き、問題の要素を削除するか、置き換えます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー