問題点:カスタムプランでは、一部の Creative Cloud エンタープライズ版アプリケーションが体験版に戻ることがあります

Creative Cloud エンタープライズ版のお客様はAdmin Consoleを使用して、ユーザー、グループ、資格を管理できます。

以前はデザイン、Web、ビデオのカスタム資格を有するグループは、Creative Cloud Desktop アプリケーションを使用してこれらを直接ダウンロードまたはインストールすることで、資格を持たないアプリケーションでもライセンスを設定することができました。

解決策

このビヘイビアーを修正するためにサーバー側に変更を行ないました。新規インストールはすべて予定どおりに動作し、資格は明白になります

既存の展開については、このビヘイビアーは以下のようになっています。

  • ユーザーがサインインすると、資格を付与すべきでないものを含め、すべてのアプリケーションがローカルライセンスの期間が終了するまで、つまり「サブスクリプションの有効終了日」 + 「猶予期間」の間、継続して機能します。猶予期間はマシンがオンラインの場合は 30 日間で、マシンがオフラインの場合は 99 日間です。
  • ユーザーがサインアウトして再びサインインすると、資格を有するアプリケーションのみがライセンス設定されます。資格のなくなったアプリケーションは体験版に戻ります。
  • ユーザーが追加の資格を希望する場合、管理者はユーザーグループのメンバーを変更して希望する資格を含める必要があります。詳細については「グループの管理」を参照してください。
  • ユーザーにログインを強制して適切な資格が選択されるようにするために、ログアウトの強制を IT が希望する場合は、Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition (APTEE)を使用してサインアウトを強制できます。APTEE に必要な構文は以下のとおりです。
    • Windows: .\adobe_prtk --tool=UnSerialize --leid=V7{}CreativeCloudEntWeb-1.0-Win-GM --deactivate
    • Mac: ./adobe_prtk --tool=UnSerialize --leid=V7{}CreativeCloudEnt-1.0-Mac-GM --deactivate

コマンドと Adobe Provisioning Toolkit に関する詳細については、「Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー