Admin Consoleで一括ユーザーアップロード向けに CSV ファイルをグループから製品に変更する方法

更新されて管理者役割も組み込まれたAdmin Consoleでは、「グループ」タブが「製品」に変更されています。この変更によって、一括アップロードユーザー向けに CSV ファイルを作成する手順に影響が出ます。Admin Consoleの「ID」タブにあるサンプル CSV は、この記事の執筆時点では更新されていません。

サンプル CSV ファイルの更新版については、Dashboard にあるサンプルが更新されるまで使用できるため、以下のサンプル CSV ファイルをダウンロードしてください。

注意:考慮すべき制限事項がいくつかありますので以下に列挙します。

ダウンロード

sample-gar-users-import.csv.zip ファイルをダウンロードし、ファイルをダブルクリックして解凍します。その後、ファイルを Excel で開くことができます。

制限事項:
·         インポートする前に、製品の下にグループを作成する必要があります。 
·         CSV 内の製品タブで作成したグループ名のみを使用します。
·         グループ名は製品ごとに一意である必要があります。  2 つのグループに「PDH under Complete Plan - 0 GB」および「InDesign 0 GB」という名前を付けることはできません。  グループに一意の名前を付けます(例:「PDH – Complete no storage」および「PDH – InDesign with services」)。
·         サポート担当者を割り当てる場合は、サポート対象のグループを作成します。
·         管理者グループは、ユーザーをシステム管理者役割に割り当てます。
·         ユーザーをデプロイメント管理者役割に追加する方法はありません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー