Admin Console を使用すると、管理者は組織のアドビソフトウェアとそのユーザーを 1 か所で管理できます。5 人のメンバーで構成されるグループから 5,000 人の従業員を抱える企業まで、ライセンスとユーザーを簡単に管理することができます。ご存知のように、アドビでは、Admin Console のエクスペリエンスを向上させるために鋭意努力しています。ここでは、今年公表される成果をご紹介します。

Admin Console の概要

2017 年 7 月 25 日以降、組織が https://adminconsole.adobe.com/enterprise または https://adminconsole.adobe.com/team にログインすると、新しい Admin Console が表示されます。このコンソールは、月を追うごとに多くのお客様に公開され、12 月までにすべてのお客様がこのコンソールにアクセスできるようになる予定です。 

お客様に与える影響

この変更は完全に Admin Console 内で行われるため、エンドユーザーに影響を与えることはありません。すべてのコンテンツとデータは自動的に新しい Admin Console に移動されるので、お客様のアクションは不要です。

変更点

新しい外観

ナビゲーション、ワークフロー、ユーザー管理を含む全体的な使いやすさが向上しています。新しいデザインは、アドビのグローバルデザインに合わせられています。これは、ナビゲーションなどを他の製品と同じように実行できることを意味しています。

コンソール内のガイダンスと通知の強化

新しい Admin Console は、アドビ製品を必要とするユーザーに製品を届けるために管理者が実行する必要がある手順を案内します。さらに管理者は、専用の通知センターやバナーに似たアラートを通じて、管理者として知る必要がある情報を簡単に確認することができます。

クラウド内での効率化されたパッケージ

Creative Cloud をご利用のお客様には、デプロイするための主に 2 つの選択肢が用意されています。セルフサービスまたはマネージドインストールです。セルフサービスの場合、IT 担当者の負担は最小限で済み、ほとんどの作業はエンドユーザーが自主的に実行します。そのため、こちらの方法を選択することをお勧めします。ただし、IT 担当者による詳細な制御が必要な場合は、アドビが提供するマネージドインストールオプションを利用することができます。今回のリリースには、カスタマイズされたパッケージをコンソール内で直接作成できる新しい機能が導入されています。このため、Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールする必要はありません。

ユーザー管理

ユーザー管理が一元化され、ユーザーを簡単に見つけることができるようになりました。「グループ」製品(Creative Cloud グループ版、Acrobat DC、Captivate および Presenter)の管理者は、レポートを簡単にするためにユーザーをグループ化することができるようになります。

VIP(バリューインセンティブプラン)の更新

VIP で購入したライセンスの更新が簡単になります。更新では、ライセンス割り当ての状態が一貫性のあるリアルタイム表示で提供され、更新期間終了後にどのユーザーがアクセス権を失うかも示されます。このため、更新されるユーザーと更新されないユーザーを簡単に見分けることができます。管理も単純化されます。更新中のユーザーの追加と削除に同じページを使用できるため、効率的なワークフローを実現できます。 

製品への招待と使用権限

ユーザーが製品と管理者ロールにアクセスする方法が大幅に変更されています。

Adobe ID

ユーザーはアクセス権をすぐに取得するので、使用権限を付与するためにユーザーが招待に応じるまで待つ必要はありません。

Enterprise ID

プロファイルを完成させるための行動要請電子メールアドレスを廃止しました。

Enterprise ID と Federated ID

認証後にリンク先ページへのリダイレクトが追加されるよう、案内メールが強化されました。

情報の把握

今後もこのページで情報をお知らせしますが、ご質問がある場合はアドビのアカウントマネージャーにお問い合わせください。これらの変更が実施される前に、この変更を確認するメールが adminconsole@adobe.com から自動的に届きます。

よくある質問

既存の機能や自分で行った設定にアクセスできなくなりますか?

Admin Console で既に行ったことで失われるものは何もありません。エンドユーザーは影響を受けず、すべてのコンテンツはそのまま維持されます。

新しいコンソールへの移行はいつ行われますか?

移行は 7 月 25 日から始まる予定です。その後は、すべてのユーザーに新しいエクスペリエンスを提供するまで、毎月実行されます。これらの変更が実施される前に、この変更を確認するメールが adminconsole@adobe.com から自動的に届きます。

ユーザーは影響を受けますか?

この変更は完全に Admin Console 内で行われるため、エンドユーザーに影響を与えることはありません。

管理者として必要なアクションはありますか?

管理者が行う必要のあるアクションはありません。新しい Admin Console へのアクセスを開始したら、概要ガイドでオプション機能をご確認ください。

現在のコンソールはいつ使用できなくなりますか?

現在のコンソールは、新しい環境に移行次第、使用できなくなります。すべてのコンソールの移行が終了したら、アドビ全体でその環境全体が使用停止になる予定です。

質問は誰に問い合わせればよいですか?

アドビのアカウントマネージャーまたはカスタマーサポートにお問い合わせください。

コンソールに保留中の招待状があります。移行中、これらの招待状はどうなりますか?

保留中の招待状が 30 日経っていない場合は、招待は自動的に承認されます。招待状が 30 日以上経っている場合は期限切れとなり、それらのユーザーを再招待する必要があります。これは、エンタープライズプログラムへの参加を促すグループ版製品の招待状、グループ版製品の追加の管理者の招待状、およびエンドユーザーの招待状に適用されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー