注意:

  Typekit は、Adobe Fonts に名前が変わりました。これは、Creative Cloud などのサブスクリプションに含まれています。さらに詳しく

同期場所の選択

Creative Cloud エンタープライズ版は、優れた顧客エクスペリエンスを継続的にデザインし、パブリッシュするための高度なクリエイティブプラットフォームです。Creative Cloud エンタープライズ版のコンプリートプランには、最新の Creative Cloud デスクトップアプリケーション、サービスおよびモバイルアプリのほか、拡張されたエンタープライズセキュリティオプションや Adobe Experience Manager Mobile(旧称:Adobe Digital Publishing Solution)との高度な接続機能も備わっています。

Creative Cloud エンタープライズ版は、最新のワークフローによってコンテンツの作成や提供を迅速化し、お客様の成功を促進します。

  • クリエイティブアプリケーション:Creative Cloud エンタープライズ版は、複数のデスクトップやモバイルデバイス全体で動作する世界トップレベルのクリエイティブアプリケーションを提供します。デザイナーはモバイルアプリでプロジェクトを開始し、デスクトップで仕上げをおこなうことができます。このシームレスな統合性により、迅速で柔軟で自由なデザインプロセスが実現します。
  • アセットの連携:各チームが各種のクリエイティブアプリケーションを通じて重要なプロジェクトアセットにすばやくアクセスできるので、作業が迅速化します。Creative Cloud では、クリエイティブワークフロー全体にわたってアセットを緊密に連携させることができるので、写真、ブラシ、スケッチ、色、フォント、デザインなどのアセットを効果的に整理、共有、同期できます。
  • クリエイティブリソース:ストック画像やフォントなどのリソースにクリエイティブアプリケーション内からアクセスできるので、非常に効率的です。高品質なフォント(Adobe Fonts)やロイヤリティフリーの画像(Adobe Stock)を広範なライブラリから参照して取得できるほか、世界最大級のクリエイターコミュニティからデザイナーを探して、プロジェクトメンバーに採用することもできます。
  • パブリッシング:印刷物、Web、インタラクティブ、ビデオ、フィルム、モバイルなど、あらゆる媒体やデバイスに継続的にパブリッシュできます。Experience Manager Mobile と統合すれば、モバイルアプリをコーディングなしで作成し、パブリッシュできます。

使用を開始する

マネージドサービスの使用を開始するには、デバイスやコンピューターを組織のネットワークに接続する必要があります(例えば、オフィス内ネットワークへの有線またはワイヤレス接続など)。組織のネットワークに接続していない場合は、仮想プライベートネットワーク(VPN)クライアントを経由して組織のネットワークに接続する必要があります。VPN の設定と詳しい使用方法については、組織の担当者に確認してください(該当する場合)。

組織のネットワークに接続したら、アクセス権のあるマネージドサービスロケーションに作品を同期して保存できるようになります。

注意:

マネージドサービスの同期場所を使用するには、組織のネットワークに接続している必要があります。

マネージドサービスの同期場所が表示されない場合は、インターネット接続がアクティブであることと、組織のネットワークに接続していることを確認してください。組織のネットワークへの接続には、VPN 接続が必要な場合があります。

組織のネットワークを Amazon Virtual Private Cloud(VPC)と接続する方法については、IPSec VPN 接続の作成をご覧ください。

デスクトップ

ID とパスワードを使用して、Creative Cloud デスクトップアプリケーションにログインします(まだログインしていない場合)。Creative Cloud のデスクトップアプリケーションに既にログインしている場合は、いったんログアウトし、もう一度ログインしなければならない場合があります。

ログアウトするには、右上隅の をクリックし、「環境設定」を選択して「ログアウト」をクリックします。その後、組織の Creative Cloud ライセンス用に使用する ID とパスワードでもう一度ログインします。

このとき、コンテンツの同期先となる場所を指定するよう求められる場合があります。このオプションが表示されない場合や、同期場所を変更したい場合は、アセット/ファイル/同期 場所に移動し、同期場所を選択します。

同期場所は組織が決定します。追加の場所や別の場所へのアクセス権が必要な場合は、IT 管理者に問い合わせてください。

モバイルアプリケーション

使用する Creative Cloud モバイルアプリをダウンロードしたら、ID およびパスワードを使用してログインします。モバイルアプリに既にログインしている場合は、いったんログアウトし、もう一度ログインしなければならない場合があります。

ログアウトするには、アプリアイコンの右上隅にある「設定」をタッチし、「マイアカウント」を選択して、ログイン中の ID をクリックした後、ログアウトします。その後、組織の Creative Cloud ライセンス用に使用する ID とパスワードでもう一度ログインします。

このとき、コンテンツの同期先となる場所を指定するよう求められる場合があります。このオプションが表示されない場合や、同期場所を変更したい場合は、左上隅にあるアプリのアイコンに移動し、「設定」をタッチした後、「同期場所」をタッチして、マネージドサービスの同期場所を選択します。

同期場所は組織が決定します。追加の場所や別の場所へのアクセス権が必要な場合は、IT 管理者に問い合わせてください。

Web

Web からアクセスする場合、マネージドサービスのエクスペリエンスは組織ごとに変わってきます。Web サイトにアクセスするには、またアセットを表示、共有、管理するには、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用するか、サポートされたブラウザーにマネージドサービスインスタンスの URL を入力します。

Creative Cloud デスクトップアプリケーション内から、アセット/ファイルに移動して、マネージドサービスの同期場所が「同期場所」セクションで正しく選択されていることを確認します。

CC アセットのストレージを既にお持ちの場合は、 こちらをご覧ください。

サポートが必要な場合アドビのエキスパートとのエキスパートセッション(30 分間)を予約できます。エキスパートセッションのリクエスト方法がわからない場合は、IT 管理者に問い合わせてください。 Adobe Admin Console の「サポート」タブ内からエキスパートセッションをスケジュールできます。

今後とも、マネージドサービス付き Creative Cloud エンタープライズ版をよろしくお願い申し上げます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー