現在表示中:

概要

AEM Assets はユーザーの様々なファイルサポート要件に対応するために、アドビ製およびサードパーティ製の数多くのファイル形式ライブラリをサポートしています。

サポート対象のアドビのライブラリには、Adobe Camera Raw、Gibson、Adobe PDF Rasterizer、Adobe InDesign Server などがあります。さらに、AEM Assets は ImageMagick や Twelvemonkey などのサードパーティのライブラリをサポートします。

サポート対象のファイル形式の包括的な詳細については、Assets でサポートされるファイル形式を参照してください。

次のトピックで AEM Assets のファイルサポートに関するベストプラクティスをいくつか紹介します。

Adobe Camera Raw ライブラリ

最高のパフォーマンスを実現するために、次のファイル形式で Adobe Camera Raw ライブラリを使用することをお勧めします。
  • RAW
  • DNG
  • TIFF
  • レイヤーマスクやサムネールが埋め込まれている PSD ファイル

Adobe Camera Raw ライブラリは、入力として CMYK カラープロファイルをサポートします。ただし、出力は RGB カラースペースで生成します。サムネールにはソースファイルのカラースペース(CMYK など)は保持されません。

また、Adobe Camera Raw ライブラリは、JPEG 形式の出力のみをサポートします。PNG 形式の出力はサポートしません。AEM Assets の Camera Raw サポートについて詳しくは、Camera Raw サポートを参照してください。

Adobe PDF Rasterizer ライブラリ

最適な結果を得るために、次のファイルで Adobe PDF Rasterizer ライブラリを使用することをお勧めします。
  • サイズが大きくコンテンツが多い PDF ファイル
  • 追加設定なしでは生成されないサムネールがある AI ファイル
  • SPOT(PMS)カラーの AI ファイル
PDF Rasterizer を使用して生成されたサムネールやプレビューの画質は、既製のラスター出力と比較して優れています。Adobe PDF Rasterizer ライブラリはカラースペース変換をサポートしません。ソース PDF ファイルのカラースペースに関わらず、Adobe PDF Rasterizer は RGB 出力のみを生成します。

InDesign Server

IDML や HTML など Adobe InDesign 固有のレンディションを抽出するには、InDesign Server の使用をお勧めします。詳しくは、Adobe InDesign での参照としての AEM アセットの追加を参照してください。

ダイナミックメディア

ダイナミックメディアは、パフォーマンスが最適化されスケーラビリティに優れたグローバルネットワーク経由で、様々なバリエーションのリッチコンテンツをリアルタイムで生成および配信します。インタラクティブな表示エクスペリエンスを提供し、デジタルキャンペーンの管理プロセスを促進します。ダイナミックメディアの有効化について詳しくは、ダイナミックメディアの設定を参照してください。

現在、ダイナミックメディアでは、1 ファイルにつき最大 20 GB のコンテンツのビデオをサポートしています。

ImageMagick ライブラリ

次のシナリオについては、ImageMagick ライブラリの使用をお勧めします。
  • EPS ファイルのサムネールのレンディションを生成するとき
  • イメージプロファイル情報を保持するとき
  • 透明性を保持するとき

AEM で ImageMagick ライブラリを設定する方法について詳しくは、ImageMagick の使用を参照してください。

TIFF ファイルのサポート

AEM Assets では、アップロードした画像のファイルサイズが大きい場合だけでなく、画像のサイズ(寸法)が推奨値を超過している場合にも、メモリ不足の問題が発生します。一般的に、AEM の開始時にヒープサイズを大きめに割り当てると、このような問題を避けることができます。

また、設定マネージャーを開き、com.day.cq.dam.commons.handler.StandardImageHandler コンポーネントの「threshold size to use intermediate temporary file」プロパティの値を 0 より大きい値に設定してください。

生成されたレンディションが適切でない場合、Camera Raw ライブラリを使用してレンディションを再生成してください。ただし、Camera Raw ライブラリでは、長辺が 65000 ピクセルを超過する画像を処理できません。また、ファイルサイズに関わらず、画像サイズ(寸法)が 512 MP(512 x 1,024 x 1,024 ピクセル)以下の画像しか処理できません。

TIFF ファイルでの作業

処理できる TIFF 画像の最大サイズを正確に割り出すのは、簡単ではありません。処理能力は、ファイルサイズのほか、ピクセル数など他の要素によっても変わります。例えば、Camera Raw ライブラリでは、255 MB の TIFF ファイル 1 つを何の設定もせずにそのまま処理できる場合があります。ただし、ファイルのピクセル差が非常に大きい場合は、18 MB のファイル 1 つでも処理に失敗する場合があります。

以下は、Camera Raw によって生成された TIFF ファイルのサイズの表です。これらのファイルは、14 GB のヒープ領域で検証されています。

注意:

一般的に、ヒープサイズを増やすと、より大きなファイルを効率的に処理できるようになります。ただし、圧縮ファイル(ZIP ファイル)の処理時は、低解像度のファイルが処理されないことがあります。

ファイルサイズ(MB) 画像サイズ(px)
18 18897 x 47244
38.3 8301 x 3429
39.9 3936 x 2624
46.6 3008 x 2008
51.5 3000 x 3000
72 2048 x 3072
91.4 3264 x 2448
91.5 4000 x 4000
143 5000 x 5000
225.1 5433 x 7240

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー