現在表示中:

概要

AEM Assets はユーザーの様々なファイルサポート要件に対応するように、独自およびサードパーティの各種ファイル形式のライブラリをサポートします。

サポート対象のアドビのライブラリには、Adobe Camera Raw、Gibson、Adobe PDF Rasterizer、Adobe InDesign Server などがあります。さらに、AEM Assets は ImageMagick や Twelvemonkey などのサードパーティのライブラリをサポートします。

サポート対象のファイル形式の包括的な詳細については、Assets でサポートされるファイル形式を参照してください。

次のトピックで AEM Asset のファイルサポートに関するベストプラクティスをいくつか紹介します。

Adobe Camera Raw ライブラリ

最高のパフォーマンスを実現するために、次のファイル形式で Adobe Camera Raw ライブラリを使用することをお勧めします。
  • RAW
  • DNG
  • TIFF
  • レイヤーマスクやサムネールが埋め込まれている PSD ファイル

Adobe Camera Raw ライブラリは入力として CMYK カラープロファイルをサポートします。ただし、出力は sRGB カラースペースで生成します。サムネールにはソースファイルのカラースペース(CMYK など)は保持されません。

また、Adobe Camera Raw ライブラリは JPEG 形式の出力のみをサポートします。PNG 形式の出力はサポートしません。AEM Assets の Camera Raw サポートについて詳しくは、Camera Raw サポートを参照してください。

Adobe PDF Rasterizer ライブラリ

最適な結果を得るために、次のファイルで Adobe PDF Rasterizer ライブラリを使用することをお勧めします。
  • サイズが大きくコンテンツが多い PDF ファイル
  • 既製でないサムネールの AI ファイル
  • SPOT(PMS)カラーの AI ファイル
PDF Rasterizer を使用して生成されたサムネールやプレビューの画質は、既製のラスター出力と比較して優れています。Adobe PDF Rasterizer ライブラリはカラースペース変換をサポートしません。ソースの PDF ファイルのカラースペースに関係なく、Adobe PDF Rasterizer は RGB 出力のみを生成します。

注意:

現在、アドビは PDF Rasterizer ライブラリを機能パックとして提供しています。 PDF Rasterizer を使用するには、アドビの製品チームに連絡(電子メール ID:CustomEngineering@adobe.com)してください。

InDesign Server

IDML や HTML などの Adobe InDesign 固有のレンディションの抽出には、InDesign Server の使用をお勧めします。詳しくは、Adobe InDesign での参照としての AEM アセットの追加を参照してください。

 

 

ダイナミックメディア

ダイナミックメディアは、パフォーマンスが最適化されスケーラビリティに優れたグローバルネットワーク経由で、様々なバリエーションのリッチコンテンツをリアルタイムで生成および配信します。インタラクティブな表示エクスペリエンスを提供し、デジタルキャンペーンの管理プロセスを促進します。ダイナミックメディアの有効化について詳しくは、ダイナミックメディアの設定を参照してください。

ImageMagick ライブラリ

次のシナリオについては、ImageMagick ライブラリの使用をお勧めします。
  • EPS 形式のサムネールのレンディションを生成するとき
  • イメージプロファイル情報を保持するとき
  • 透明性を保持するとき

AEM で ImageMagic ライブラリを設定する方法について詳しくは、ImageMagick の使用を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー