現在表示中:

Adobe Experience Manager(AEM)Assets は、デジタルアセットのバイナリ、メタデータおよびタグを複数のロケール用に翻訳し、翻訳されたアセットを多言語ワークフローで管理します。詳しくは、多言語のアセットを参照してください。

アセットの管理を効率化し、翻訳された各バージョンが確実に同期されるには、翻訳ワークフローを実行する前にアセットの言語コピーを作成します。

アセットやアセットのグループの言語コピーは、類似のコンテンツ階層を持つ言語の兄弟(または同系言語のアセットのバージョン)です。

各言語コピーは独立したアセットです。このため、アセットを複数のロケールに翻訳すると、CRX リポジトリのサイズが大幅に大きくなります。例えば、合計サイズが 10 GB のアセットを 2 言語に翻訳すると、リポジトリのサイズが約 20 GB(各言語 10 GB)大きくなります。

アセットのバイナリはメタデータやタグと比較して、大量のストレージ領域を占有します。このため、メタデータやタグを翻訳するだけで済む場合は、バイナリの翻訳は省略してください。別のロケールに翻訳されたメタデータとタグとの関連付けのために、バイナリの元のコピーをリポジトリで保持することができます。バイナリは、複数の翻訳されたバージョンではなく単一のコピーを管理することで、リポジトリのサイズへの影響を最小限に抑えることができます。

ファイルデータストアや Amazon S3 データストアはこれらのシナリオに最適なストレージインフラストラクチャを提供します。これらのストレージリポジトリは、複数のロケールのメタデータやタグで共有できる、アセットバイナリの単一のコピー(レンディションを含む)を保存します。このため、アセットの言語コピーを作成してメタデータやタグを翻訳しても、リポジトリのサイズには影響を及ぼしません。

いくつかのワークフローや翻訳統合フレームワークの設定を少し変更して、処理の効率を上げることもできます。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

  2. DAM メタデータの書き戻しワークフローを無効化します。

    名前が示す通り、「DAM メタデータの書き戻し」ワークフローはメタデータをバイナリファイルに書き直します。メタデータは翻訳後に変更になるので、バイナリファイルに書き戻すと言語コピーに別のバイナリが生成されます。

    注意:

    「DAM メタデータの書き戻し」ワークフローを無効化すると、アセットバイナリで XMP メタデータの書き戻しがオフになります。結果として、将来メタデータに加えられる変更はアセット内に保存されなくなります。このワークフローを無効にする前に、結果を評価してください。

  3. 「最終変更日を設定」ワークフローを有効化します。

    アセットの最終変更日は、「DAM メタデータの書き戻し」ワークフローが設定します。このワークフローは手順 2 で無効化しているので、AEM Assets は今後アセットの最終変更日を最新の状態に保つことができなくなります。このため、「最終変更日を設定」ワークフローを有効化して、アセットの最終変更日が最新の状態に保たれるようにします。最終変更日が最新でないアセットはエラーの原因となる場合があります。

  4. アセットのバイナリを翻訳しないように、翻訳統合フレームワークを設定します。「アセット」タブの「アセットを翻訳」の選択を解除して、アセットのバイナリの翻訳を停止します。

  5. 多言語のアセットのワークフローを使用して、アセットのメタデータやタグを翻訳します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー