現在表示中:

Adobe Experience Manager(AEM)Assets Brand Portal を購入した場合、AEM Assets と Brand Portal を統合して、アセットを Brand Portal に公開できます。この統合は、Marketing Cloud Developer Connection インターフェイスで設定できます。

最初に、パブリックゲートウェイを使用して Marketing Cloud にアプリケーション(認証メカニズムを含む)を作成します。次に、ゲートウェイから取得したアプリケーション ID を使用して、AEM Assets のオンプレミスインスタンスでプロファイルを作成します。

この設定を使用してアセットを Brand Portal に公開します。バックエンドでは、AEM サーバーがゲートウェイを使用してプロファイルを認証し、AEM Assets と Brand Portal を統合します。

アプリケーションの作成

  1. Adobe Marketing Cloud Developer Connection インターフェイス(URL https://marketing.adobe.com/developer/)にログインします。

    注意:

    社内の管理者のみがアプリケーション ID を作成できます。テナントは、Adobe Marketing Cloud に登録している会社を意味する用語です。

  2. 左側のウィンドウから開発者ツールアプリケーションに移動して、アプリケーションのリストを表示します。

  3. 追加」アイコンをクリックしてアプリケーションを作成します。

  4. クライアント資格情報」リストから「サービスアカウント(JWT アサーション)」を選択します。これは、サーバー認証用のサーバー間通信サービスです。

  5. アプリケーションの名前とオプションの説明を指定します。

  6. 組織」リストからアセットを同期する組織を選択します。

  7. 範囲」リストから「dam-read」、「dam-sync」、「dam-write」および「cc-share」を選択します。

  8. 作成」をクリックします。アプリケーションが作成されたことを示すメッセージが最上部に表示されます。

  9. 新規アプリケーションに対して生成されたアプリケーション ID をコピーします。

    注意:

    アプリケーション ID ではなくアプリケーションの秘密鍵を誤ってコピーしないようにしてください。

Marketing Cloud への設定の追加

  1. ローカルの AEM Assets インスタンスのナビゲーションページで、左側のツールアイコンをクリックします。

  2. レールで「運営」をクリックし、そのページの「クラウドサービス」をクリックします。

  3. クラウドサービスページの「サードパーティのサービス」の下に「Adobe Media Portal on Demand」サービスがあります。

  4. サービスの下の「今すぐ設定」リンクをクリックすると、設定を作成ダイアログが表示されます。

  5. 設定を作成ダイアログで、新しい設定のタイトルと名前を指定し、「作成」をクリックします。

  6. Adobe Media Portal on Demand レプリケーションダイアログで、会社の URL(http://<tenantID>.media-portal-beta.adobe.com)を「テナント URL」フィールドに指定します。

  7. クライアント ID」フィールドに、アプリケーションを作成する手順の最後でコピーしたアプリケーション ID を貼り付けます。

  8. 同期」で「有効」を選択して同期を有効にし、「OK」をクリックします。

    注意:

    無効」を選択した場合、同期は単一方向に機能します。

  9. Brand Portal 設定ページで、「公開鍵を表示」をクリックして、インスタンスに対して生成された公開鍵を表示します。

    または、「OAuth ゲートウェイ用の公開鍵をダウンロード」をクリックして、公開鍵が格納されているファイルをダウンロードします。次に、ファイルを開いて公開鍵を表示します。

統合の有効化

  1. 新しい設定の Marketing Cloud への追加の手順の最後で説明した、以下の方法のいずれかを使用して、公開鍵を表示します。

    • 「公開鍵を表示」ボタンをクリックして、鍵を表示します。
    • 鍵が含まれるダウンロードファイルを開きます。
  2. Marketing Cloud Developer Connection インターフェイスを開き、アプリケーションの作成で作成したアプリケーションをクリックします。

  3. 設定インターフェイスの「公開鍵」フィールドに公開鍵を貼り付けます。

  4. 更新」をクリックします。これでアセットを Brand Portal インスタンスに公開できるようになりました。

統合のテスト

  1. ローカルの AEM Assets インスタンスのナビゲーションページで、左側のツールアイコンをクリックします。

  2. レールで「運営」をクリックし、そのページの「レプリケーション」をクリックします。

  3. レプリケーションページで、「作成者のエージェント」をクリックします。

  4. エージェントのリストで、Brand Portal のデフォルトレプリケーションエージェントをクリックして開きます。

  5. ダイアログで、「接続をテスト」をクリックします。

  6. テスト結果の一番下を見て、レプリケーションが成功したことを確認します。

Brand Portal へのアセットの公開

レプリケーションが正常に終了したら、アセット、フォルダー、コレクションを Brand Portal に公開することができます。

  1. Assets コンソールで、Brand Portal に公開するフォルダーを選択します。

  2. ツールバーの「発行」アイコンをクリックします。

  3. メニューから「Brand Portal に発行」を選択します。

  4. ダイアログで、「共有」をクリックします。フォルダーが Brand Portal で共有されます。

  5. Brand Portal にログインします。公開したフォルダーを Brand Portal インターフェイスで利用できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー