現在表示中:

アセット共有およびアセットエディターは、Adobe Enterprise Manager(AEM)Web サイトのユーザーがリポジトリ内のデジタルアセットを検索、表示および操作するために使用する主要なアクセスポイントです。

AEM 開発者は、アセット共有およびアセットエディターをさまざまな方法でカスタマイズして拡張し、独自に対応したインターフェイスと機能のセットをユーザーに提供できます。

以下の領域における機能について、カスタマイズまたは拡張できます。

外観と操作性のカスタマイズ

アセット共有およびアセットエディターの外観と操作性に関する以下の特性をカスタマイズできます。

  • ロゴ:組織の独自のロゴをインターフェイスに追加できます。
  • 色およびフォント:インターフェイスで使用される色およびフォントを変更できます。
  • HTML コード:より完全にカスタマイズするために、インターフェイス定義の基盤となる HTML コードを変更できます。

レンダリングのカスタマイズ

AEM Assets の用語では、レンダリングとは、アセットの表示形式のことを指します。通常、特定のアセットは、複数のレンダリングを持つ場合があります。例えば、フルカラー画像は、1 つのレンダリングをオリジナルのサイズで保持し、別のレンダリングを縮小サイズで、さらに別のレンダリングを縮小されグレースケールに変換された状態で保持している場合があります。

特定のアセットを利用できるレンダリングは、カスタマイズできます。また、新しいレンダリングを作成することもできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー