現在表示中:

画像プリセットを使用すると、異なるサイズや異なる形式の画像、あるいは動的に生成された他の画像プロパティを設定した画像を動的に配信できます。画像を書き出すときにプリセットを選択できます。また、この操作によって、管理者が指定した仕様に合わせて画像が再フォーマットされます。

さらに、レスポンシブな画像プリセットを選択することもできます(画像プリセットを選択した後に「RESS」ボタンを使用して指定します)。

ここでは、画像プリセットの使用方法を説明します。画像プリセットの作成と設定は管理者が行うことができます

注意:

画像プリセットを使用するには、あらかじめ公開する必要があります。画像プリセットの公開を参照してください。

作成者は画像をプレビューするときに、いつでも画像プリセットを適用できます。画像プリセットを適用するには、次の手順を実行します。

  1. アセットを開き、左側のレールでドロップダウンメニューをクリックまたはタップして、「レンディション」をクリックまたはタップします。

    注意:

    このパネルの上半分には静的レンディションが表示されます。動的レンディションは下半分に表示されます。動的レンディションの場合に限り、URL を使用して画像を表示できます。「URL」ボタンは、動的レンディションを選択した場合のみ表示されます。「RESS」ボタンは、レスポンシブ画像プリセットを選択した場合のみ表示されます。

  2. 動的レンディションを選択し、画像プリセットを適用してプレビューするか、URL をコピーするか、またはレスポンシブ画像の埋め込みコードをコピーします。

    注意:

    アセットと画像プリセットが公開されていない場合、「URL」ボタン(または該当する場合は「URL」ボタンと「RESS」ボタン)は使用できません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー