現在表示中:

スマートタグ機能は、ユーザーがフォルダーにアップロードした画像アセットにメタデータタグを自動的に追加することにより、Adobe Experience Manager(AEM)Assets の検索機能を補います。この機能では、フォルダー内のすべての画像にタグを自動的に一括適用することもできます。

警告:

現在、スマートタグ機能を利用できるのは少数のベータ版ユーザーのみです。ベータ版プログラムへの参加を希望される場合は、アドビ システムズ 株式会社にご連絡ください。

新しいフォルダーへの自動タグ付けの有効化

AEM Assets でフォルダーを作成するときに、自動タグ付けを有効にすると、ユーザーがフォルダーにアップロードするすべての画像アセットに AEM Assets が自動的にタグ付けすることができます。

  1. Assets コンソールで、画像アセットをアップロードするフォルダーを作成します。 

  2. フォルダーを選択して、ツールバーの「フォルダー設定」アイコンをクリックまたはタップします。

  3. フォルダー設定ダイアログで「スマートタグアセット」を選択し、「保存」をクリックします。

  4. 画像アセットをフォルダーにアップロードします。アップロードした画像にタグが自動的に適用されます。

  5. 画像のプロパティページに移動します。「スマートタグ」の下に自動的適用されたタグが表示されます。

    信頼性レベル

    スマートタグの横に表示される数値は信頼性レベルです。このケースでは、タグ「business」と Scott Reynolds の画像との関連性を示すスマートタグアルゴリズムの信頼性レベルは 85% です。この数値は検索において非常に重要です。AEM は、信頼性スコアに基づいて検索結果をランク付けします。通常は、この方法により、画像に割り当てられたタグを調査して提案される結果よりも、検索結果の精度が向上します。不正確なタグは信頼性スコアが低いことが多く、検索結果の上位にはほとんど現れません。この理由から、通常はスマートタグを管理する必要はありません。

    注意:

    各画像のタグが多いとインデックス作成に時間がかるので、AEM はタグ数が多くなりすぎないように、信頼性の最小しきい値をスマートタグに適用します。デフォルトのしきい値は 70% です。ユーザーによってはこのしきい値は最適ではありません。この値で試してみてください。タグ付けされない画像がある場合、予測されたタグのアルゴリズムの信頼性が 70% 未満であるためかもしれません。

    CRX リポジトリで、スマートタグは手動で割り当てられたタグとは別の場所に格納されます。手動タグに干渉することは一切ありません。したがって、手動タグへの干渉つまり「汚染」のリスクはありません。また、手動タグには信頼性 100%(最高の信頼)が割り当てられます。この結果、手動タグが検索クエリーと一致する画像がある場合は、スマートタグが検索クエリーと一致する画像よりも先に表示されます。

注意:

既に画像アセットが含まれるフォルダーに自動タグ付けを適用するには、「フォルダー設定」を使用します。この場合、自動タグ付けオプションを有効にした後でアップロードした画像のみが自動的にタグ付けされます。フォルダーに既に存在していた画像にタグを適用するには、そのような画像を一括して定期的にタグ付けするバックグラウンドジョブを別に設定します。デフォルトでは、バックグラウンドジョブは 24 時間ごとに深夜 12 時に実行され、画像アセットを 1000 個単位でタグ付けします。必要であれば、ジョブの間隔、時刻、バッチサイズを変更できます。

一括自動タグ付けの有効化

DAM 自動タグ付けアセットワークフローをフォルダーに適用すると、フォルダー内の画像アセットに自動的にタグ付けすることができます。

  1. ナビゲーションページで、ツールアイコンをクリックまたはタップします。

  2. レールで「ワークフロー」をクリックします。

  3. ページにあるモデルタイルをクリックまたはタップします。

  4. ワークフローモデルページで、DAM スマートタグアセットモデルを選択します。

  5. ツールバーの「ワークフローを開始」アイコンをクリックまたはタップします。

  6. ワークフローを実行ダイアログで、「ペイロード」フィールドの横の参照アイコンをクリックまたはタップして、自動タグ付けワークフローを適用するフォルダーを参照します。

  7. 該当するフォルダーを選択して、右上の確認をクリックします。

  8. ワークフローを実行ダイアログで「実行」をクリックまたはタップします。自動タグ付けワークフローがフォルダー内のすべての画像に適用されます。

  9. フォルダー内の任意の画像のプロパティページに移動します。自動的に追加されたタグが「予想されたタグ」の下に表示されます。各タグの名前の横に表示される数字は、特定の画像に対してそのタグの使用がどの程度ふさわしいかを示す AEM Assets が割り当てた信頼性レベルです。つまり、タグ名の横の 84 は、画像アセットに対するタグの適性として AEM Assets が信頼性レベル 84% を割り当てたことを意味します。

自動タグ付けされた画像の検索

新しいフォルダーの自動タグ付けを有効化した後で、あるいは画像を一括処理する自動タグ付けワークフローを実行した後で、画像に明示的に付加していない関連タグを使用して画像アセットを検索し、強化された検索機能を確認できます。

  1. Assets コンソールで検索パネルを開きます。 

  2. 画像に明示的に付加していないタグを指定し、そのタグに基づいて検索します。

  3. 検索ページに、指定したタグに基づいて画像が表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー