現在表示中:

Adobe Experience Manager(AEM)Assets では、様々な形式(OGG、FLV など)のビデオアセット用のビデオレンディションを生成します。

AEM Assets では、メディアアセットの静的レンディションと動的レンディション(DM エンコードされたレンディション)がサポートされています。

静的レンディションは、FFMPEG(システムパスにインストールされ、使用できるもの)を使用してネイティブに生成され、コンテンツリポジトリに保存されます。

DM エンコードされたレンディションは、プロキシサーバーに保存され、実行時に提供されます。

AEM Assets は、クライアント側でのこのようなレンディションの再生をサポートします。

特定のビデオアセットのレンディションを表示するには、アセットのページを開いて、グローバルナビゲーションアイコンをクリックまたはタップします。次に、リストから「レンディション」を選択します。

ビデオレンディションのリストは、レンディションパネルに表示されます。

DM エンコードされたレンディションのプロキシサーバーを設定するには、ダイナミックメディアクラウドサービスを設定します。

必要なパラメーターを指定してビデオレンディションを生成するには、対応するビデオプロファイルを作成します。

プロキシサーバーを設定し、ビデオプロファイルを作成したら、このビデオプリセットを処理プロファイルに追加して、その処理プロファイルをフォルダーに適用することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー