現在表示中:

AEM 3D では、組み込みの Adobe Rapid Refine™ レンダラーおよびサードパーティのレンダラーでのインタラクティブな表示およびレンダリングの両方で、(IBL)Image-Based Lighting をサポートしています。Autodesk® Maya® や Autodesk® 3ds Max® などの一般的なオーサリングツールを使用して IBL ステージを作成できます。
    

IBL の画像

最適な結果を得るには、Image-Based Lighting に使用する画像が HDR(ハイダイナミックレンジ)であることが必要です。環境をすべてカバーする球形のマッピングをおこなった、緯度/経度の形式であることが必要です。

現在、AEM 3D では、32 ビットの TIFF のみをサポートしています。必要に応じて、Adobe Photoshop などのツールを使用し、Adobe Photoshop の TIFF 書き出しダイアログボックスで以下の設定を使用して HDR を TIFF に変換します。

  • ビット深度 - 32 ビット(浮動小数点)
  • ピクセル順 - インターリーブ(RGBRGB)
  • 画像圧縮 - LZW
  • バイトオーダー - IBM PC

IBL ステージでは、多くの場合 1 枚の HDR 画像で十分ですが、AEM 3D は最大 3 つの異なる画像を使用した追加の IBL エフェクトの制御を提供しています。

  • 拡散ライティング環境画像。
    この種類の画像は、HDR 画像であることが必要ですが、画像は拡散ライティングに使用する前に強くフィルターがかけられるので、比較的小さいものでかまいません。
  • 反射環境画像。
    この種類の画像は、オブジェクトのサーフェスで反射を作成するために作成されます。反射に必要な画質およびシャープネスを提供するサイズおよび解像度の、標準的な 8 ビットの RGB 画像を使用できます。HDR 画像が指定されている場合、AEM 3D は、独自のアルゴリズムを使用する前にその画像を 8 ビットの RGB に変換します。
  • 背景環境画像。
    この種類の画像は背景として使用されます。ステージの背景に必要なサイズ、解像度および詳細度の、標準的な 8 ビットの RGB 画像を使用できます。HDR 画像が指定されている場合、AEM 3D は、独自のアルゴリズムを使用してその画像を 8 ビットの RGB に変換します。

IBL ステージの外観の調整

以下のプロパティを使用して、IBL ステージの外観を調整できます。

プロパティ
説明
IBL 太陽詳細

以下の設定を使用して、主な光源の角度と強度を調整できます。

  • 緯度 – 主な光源の垂直方向の位置(0.01.0)。
    0.0 は水平(画像の垂直方向の中心)、1.0 は天頂(画像の上端)です。
  • 経度 – 主な光源の水平方向の位置(0.01.0)。
  • 輝度 - 主な光源の明るさ(0.01.0)。
    0 に設定すると、すべての拡散ライティングがオフになります。パラメーターは、環境反射には影響しません。
IBL カメラの高さ IBL の背景が水平線近くで歪んで表示される場合は、このプロパティを調整して歪みを軽減または除去できる可能性があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー