現在表示中:

フォーラムとコメントでおこなう公開のやり取りのほかに、AEM Communities のメッセージング機能を利用して、コミュニティメンバー同士の非公開のやり取りを実現できます。

この機能は、コミュニティサイトを作成すると組み込まれます。

メッセージング機能では、以下を実行できます。

  • 1 人以上のコミュニティメンバーにメッセージを送信する
  • コミュニティメンバーグループにメッセージを送信する
  • 添付ファイル付きでメッセージを送信する
  • メッセージを転送する
  • メッセージに返信する
  • メッセージを削除する
  • 削除されたメッセージを復元する

警告:

メッセージング機能は SCF フレームワークにまだ十分に対応していないので、AEM サイトには追加されていません。メッセージング機能は、コミュニティサイト作成ウィザードを使用して構築されるすべての AEM サイトに組み込まれます。

改良が完了したら、このページの記述を更新する予定です。

メッセージング機能をサイトに追加

メッセージング機能をサイトに追加するには、メールボックスのランディングページとなり、インボックスを表示するページを作成します。次に、3 つの子ページを作成し、それぞれ新しいメッセージ用(メッセージを作成)、アウトボックス用(送信した項目)、削除したメッセージ用(ごみ箱)とします。その後、コミュニティコンポーネントガイドGeometrixx Media の例でしているように、メールボックスのランディングページにツールバーからリンクできます。

メールボックスページ:設定

わかりやすいよう、具体的な例を挙げて説明します。タイトルが「メールボックス」、ノード名が「mailbox」というサンプルページを作成し、「メールボックス」を選択して、同様に以下の 3 つの子ページを作成します。

  • メールボックス
    • タイトル/名前 = メッセージを作成/compose-message
    • タイトル/名前 = 送信したメッセージ/sent-messages
    • タイトル/名前 = ごみ箱/trash

次に、オーサリングに必要なコンポーネントがコンポーネントブラウザー(サイドキック)に表示されていることを確認します。コミュニティコンポーネントグループの次の 3 つのメッセージングコンポーネントが表示されていない場合は、「コミュニティコンポーネントへのアクセス」を参照してください。

  • コミュニティ/メッセージを作成
  • コミュニティ/メッセージリスト
サンプルページ間を移動するためのナビゲーション用リンクを各ページに追加する簡単な方法は、ページテンプレートのサイドバーなどに一般/リストコンポーネントがある場合に、このコンポーネントを 4 つのページそれぞれに追加することです。ここでは簡潔に、「リストを選択」フィールドで「固定リスト」を選択してから、各ページのパスを追加します。
 
 

メッセージを作成ページ:概要

メッセージを作成ページを設定するには、コミュニティ/UGC フォームコンポーネントを追加して、次のフィールドを含めるように設定します。

  • 「宛先」フィールド - サーバー上のプロファイルを使用してユーザー(メンバー)およびグループを選択するために、コミュニティ/ユーザーの選択 - HBSコンポーネントによって作成されます。
  • 「件名」フィールドと「コンテンツ」フィールド - コミュニティ/メッセージを作成 - HBSコンポーネントによって作成されます。

UGC フォームは、サーバーへのメッセージ送信を処理して、リポジトリに送信および保持できるようにします。

メッセージを作成ページ:UGC フォームコンポーネントの追加

コンポーネントブラウザー(タッチ操作向け UI)またはサイドキック(クラシック UI)から、コミュニティ/UGC フォームコンポーネントをページ上にドラッグします。フォームを開始の「編集」をクリックすると、ダイアログが開きます。

 

モード」タブで、「コンテンツを作成」が選択されていることを確認します。

詳細」タブで、以下の項目を設定します。

  • コンテンツのパス
    初期設定のままにできます。
  • タイプ
    プルダウンして「その他」を選択します。
  • 次を使用してレンダリング
    初期設定のままにできます。
  • フォーム識別子
    (必須)フォームの一意の識別子を設定します。初期設定は generic_form です。
  • クライアントの検証
    オフのままにできます。
  • ありがとうページ
    空のままにすると、送信後にフォームを再表示できます。
  • ワークフローを開始
    空のままにできます。
 

メッセージを作成ページ:ユーザーの選択コンポーネントの追加

「コンポーネント」タブ(タッチ操作向け UI)またはサイドキック(クラシック UI)から、コミュニティ/ユーザーの選択 - HBS コンポーネントをページ上およびフォーム内(フォームを開始コンポーネントとフォームを終了コンポーネントの間)にドラッグします。

配置したユーザーの選択コンポーネントをダブルクリックすると、編集ダイアログが開きます。

基本」タブを使用して、送信先メンバーの選択方法を設定します。

  • プロファイルの表示フォーム
    事前に入力されたユーザープロファイルのデータを表示するフォームのパスを指定します。コンポーネントからメンバーを選択すると、メンバー名がプロファイルへのハイパーリンクになります。例えば、「/content/geometrixx-outdoors/en/user/account/social-profile」と入力します。初期設定は空です。
  • コンポーネント名
    (必須)ユーザーの選択コンポーネントの名前です。メッセージの作成にユーザーの選択 - HBS コンポーネントを使用する場合は、名前を「送信先」として指定します。初期設定は受信者 ID です。
  • ユーザーを表示
    オンにすると、送信者が入力を開始したときに、ユーザーが推奨リストに表示されます。初期設定はオンです。
  • グループを表示
    オンにすると、送信者が入力を開始したときに、グループが推奨リストに表示されます。初期設定はオフです。
  • 名を検索
    オンにすると、推奨リストの作成時に名が検索されます。初期設定はオンです。
  • 姓を検索
    オンにすると、推奨リストの作成時に姓が検索されます。初期設定はオンです。
  • 表示名を検索
    オンにすると、推奨リストの作成時に表示名が検索されます。初期設定はオンです。
  • ミドルネームを検索
    オンにすると、推奨リストの作成時にミドルネームが検索されます。初期設定はオフです。
  • 電子メールを検索
    オンにすると、推奨リストの作成時に電子メール ID が検索されます。初期設定はオンです。

表示」タブで、この機能に関して表示されるラベルを設定します。

  • ラベル
    入力フィールドに対してページ上に表示されるテキストです。初期設定は「送信先」です。

注意:

ユーザーの選択コンポーネントは、以下の特殊文字を除く、ASCII 文字、2 バイト文字および複数バイト文字をサポートしています。

  • CRX2 および CRX3 での "/"
  • CRX3 での "]"

メッセージを作成ページ:メッセージを作成コンポーネントの追加

「コンポーネント」タブ(タッチ操作向け UI)またはサイドキック(クラシック UI)から、コミュニティ/メッセージを作成 - HBS コンポーネントをページ上およびフォーム内(フォームを開始コンポーネントとフォームを終了コンポーネントの間)のユーザーの選択 - HBS コンポーネント(「送信先」フィールド)の下にドラッグします。

デフォルトでは、「送信」ボタンと「キャンセル」ボタンだけが表示されます。

 

配置したメッセージを作成コンポーネントをダブルクリックすると、編集ダイアログが開きます。

基本」タブで、以下の項目を設定します。

  • リダイレクト URL
    メッセージの送信後に表示されるページの URL を入力します。例えば、「/content/geometrixx-media/en/mailbox.html」と入力します。初期設定ではリダイレクト URL はありません。
  • キャンセル URL
    送信者がメッセージをキャンセルした場合に表示されるページの URL を入力します。例えば、「/content/geometrixx-media/en/mailbox.html」と入力します。初期設定ではキャンセル URL はありません。
  • メッセージ件名の最大の長さ
    「件名」フィールドに許可される最大文字数です。たとえば、「100」と入力します。初期設定は 500 です。
  • メッセージ本文の最大の長さ
    「コンテンツ」フィールドに許可される最大文字数です。たとえば、「10000」と入力します。初期設定は 10000 です。
  • サービスセレクター
    (必須AEM Social Communities メッセージング操作サービスserviceSelector.name プロパティの値に設定します。

表示」タブで、以下の項目を設定します。

  • 件名フィールドを表示
    オンにすると、「件名」フィールドが表示され、メッセージへの件名の追加が有効になります。初期設定はオフです。
  • 件名ラベル
    件名」フィールドの横に表示するテキストを入力します。初期設定は「件名」です。
  • ファイルの添付フィールドを表示
    オンにすると、「添付ファイル」フィールドを表示し、メッセージへの添付ファイルの追加を有効にします。初期設定はオフです。
  • ファイルラベルを付加
    添付ファイル」フィールドの横に表示するテキストを入力します。初期設定は「ファイルの添付」です。
  • コンテンツフィールドを表示
    オンにすると、「コンテンツ」フィールドを表示し、メッセージ本文の追加を有効にします。初期設定はオフです。
  • コンテンツラベル
    コンテンツ」フィールドの横に表示するテキストを入力します。初期設定は「本文」です。
  • リッチテキストエディターを使用
    オンにすると、独自のリッチテキストエディターを使用するカスタムのコンテンツテキストボックスを使用することを意味します。初期設定はオフです。
  • タイムスタンプのパターン
    1 つ以上の言語に対してタイムスタンプのパターンを指定します。初期設定は en、de、fr、it、es、ja、zh_CN、ko_KR です。

メールボックスページ:メッセージリスト(インボックス)を追加する

メインのメールボックスページには、インボックスが表示されます。

コンポーネントブラウザー(サイドキック)から、コミュニティ/メッセージリスト - HBS コンポーネントをページ上にドラッグします。メッセージリスト(別名メッセージボックス)は、受信メッセージのリスト(インボックス)、送信メッセージのリスト(送信済み)または削除したメッセージのリスト(ごみ箱)として設定できます。

配置したメッセージリストコンポーネントをダブルクリックすると、編集ダイアログが開きます。

基本」タブで、以下の項目を設定します。

  • サービスセレクター
    (必須AEM Social Communities メッセージング操作サービスserviceSelector.name プロパティの値に設定します。
  • ページを構成
    (必須)   メンバーが「返信」ボタンをクリックしたときに開くページです。ターゲットページには、メッセージを作成フォームを含める必要があります。例えば、「/content/geometrixx-media/en/Mailbox/Compose-Message.html」と入力します。
  • リソースとして返信/表示
    オンにすると、返信 URL と表示 URL がリソースを参照します。オフにすると、データは URL 内でクエリパラメーターとして渡されます。初期設定はオフです。
  • プロファイルの表示フォーム
    送信者のプロファイルの表示に使用するプロファイルフォームです。例えば、「/content/geometrixx-outdoors/en/user/account/social-profile」と入力します。初期設定は空です。
  • ごみ箱フォルダー
    オンにすると、このメッセージリストコンポーネントには、「削除済み」(ごみ箱)のフラグが設定されているメッセージのみが表示されます。初期設定はオフです。
  • フォルダーパス
    (必須AEM Social Communities メッセージング操作サービスinbox.path.namesentitems.path.name に設定されている値の参照。インボックスを設定している場合は inbox.path.name の値を使用して 1 つのエントリを追加し、アウトボックスを設定している場合は sentitems.path.name の値を使用して 1 つのエントリを追加し、ごみ箱を設定している場合は両方の値を使用して 2 つのエントリを追加します。初期設定は空です。

表示」タブで、以下の項目を設定します。

  • 既読をマークボタン
    オンにすると、メッセージを既読としてマークできる「既読」ボタンが表示されます。初期設定はオンです。
  • 未読をマークボタン
    オンにすると、メッセージを未読としてマークできる「未読をマーク」ボタンが表示されます。初期設定はオンです。
  • 削除ボタン
    オンにすると、メッセージを「既読」としてマークできる「削除」ボタンが表示されます。「メッセージオプション」もオンにすると、削除機能が重複します。初期設定はオンです。
  • メッセージオプション
    オンにすると、メッセージを再送または削除できる「返信」、「全員に返信」、「転送」および「削除」ボタンが表示されます。「削除ボタン」もオンにすると、削除機能が重複します。初期設定はオフです。
  • 1 ページのメッセージ数
    指定した数字がページネーションスキームで 1 ページに表示されるメッセージの最大数になります。数字を指定しない(空白のまま)場合、すべてのメッセージが表示され、ページネーションはありません。初期設定は 10 です。
  • タイムスタンプのパターン
    1 つ以上の言語に対してタイムスタンプのパターンを指定します。初期設定は en、de、fr、it、es、ja、zh_CN、ko_KR です。
  • ユーザーを表示
    送信者」または「受信者」を選択して、送信者または受信者のどちらを表示するかを決定します。初期設定は「送信者」(インボックス)です。

追加情報

詳しくは、開発者向けのメッセージングの重要事項ページを参照してください。

メッセージングサービスの管理またはメッセージング操作サービスの作成については、「メッセージングの設定」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー