現在表示中:

概要

イネーブルメント機能では、イネーブルメントコミュニティを作成できます。

この機能を実稼動環境で使用するには、追加ライセンスが必要です。

イネーブルメント機能を使用するには、以下のような準備が必要です。

以下をインストールします。

  • SCORM
    Sharable Content Object Reference Model(SCORM)は、e ラーニングの規格と仕様を集めたものです。コンテンツを転送可能な ZIP ファイルにパッケージ化する方法も定義しています。
  • MySQL
    MySQL は、主に、イネーブルメントリソースの SCORM 追跡データおよびレポートデータや、ビデオの再生状況の追跡用テーブルを格納するために使用されるリレーショナルデータベースです。イネーブルメント機能パックで SCORM を使用するには、MySQL JDBC ドライバが必要です。
  • FFmpeg
    FFmpeg はオーディオとビデオの変換およびストリーミングのためのソリューションです。インストールすると、ビデオアセットの適切なトランスコーディングに使用できます。イネーブルメントコミュニティでは、オーサー環境で、アップロードしたリソースのメタデータを取得したり、リソースの一覧に表示するサムネールを生成するときに FFmpeg を使用します。

以下をセットアップします。

  • コミュニティマネージャー
    イネーブルメントコミュニティでは、「コミュニティイネーブルメントマネージャー」ユーザーグループのメンバーに対してのみ、コミュニティサイトイネーブルメントマネージャーの役割を割り当てることが可能です。コミュニティサイトイネーブルメントマネージャーの権限には、パブリッシュ環境でのコンテンツの作成、割り当ておよびメンバー管理を含めることができます。

オプションで以下を設定します。

  • Adobe Analytics
    Adobe Analytics と統合することで、包括的なレポート機能が追加され、また Analytics に Video Heartbeat を追加できます。
  • Dispatcher

設定手順

イネーブルコミュニティに必要な手順を以下に示します。

各手順は、必要な詳細が記されたドキュメントにリンクしています。

すべてのオーサー/パブリッシュインスタンスで、次の手順を実行します。

1. MySQL 用 JDBC ドライバをインストール
次の Web コンソール(バンドル)を使用します。http://localhost:4502/system/console/bundles
SCORM パッケージをインストールする前にインストールします。

2. SCORM パッケージをインストール
次の CRX パッケージマネージャーを使用します。http://localhost:4502/crx/packmgr/

 

任意のサーバーで、次の手順を実行します。

3. MySQL、MySQL Workbench をインストール

4. MySQL データベースをインストール
オーサーインスタンスからダウンロードした SQL スクリプトを実行します。
MySQL Workbench を使用します。

 

オーサーインスタンスをホストしている同じサーバーで、次の手順を実行します。

5. FFmpeg をインストール

 

すべてのオーサー/パブリッシュインスタンスで、次の手順を実行します。

6.JDBC 接続プールを設定
次の Web コンソール(configMgr)を使用します。http://localhost:4502/system/console/configMgr

7. SCORM エンジンサービスを設定
次の Web コンソール(configMgr)を使用します。http://localhost:4502/system/console/configMgr

8. CSRF フィルターを設定
次の Web コンソール(configMgr)を使用します。http://localhost:4502/system/console/configMgr

 

オーサーインスタンスで、次の手順を実行します。

9.(オプション)Analytics サービスを設定
次に示すツール/導入/クラウドサービスコンソールを使用します。http://localhost:4502/etc/cloudservices/sitecatalyst.html

10. FFmpeg を設定
ワークフロー/モデルコンソールを使用します。

11. トンネルサービスを有効化
次の Web コンソール(configMgr)を使用します。http://localhost:4502/system/console/configMgr

12. オーサー環境のコミュニティ管理者を作成 
次のクラシック-UI のセキュリティコンソールを使用します。http://localhost:4502/useradmin
- パスを /home/users/community としてユーザーを作成します。
- 以下のグループにメンバーを追加します。
コミュニティイネーブルメントマネージャー
コミュニティ管理者

Dispatcher

デプロイメントに AEM の Dispatcher が含まれる場合は、イネーブルメント機能を適切に動作させるために、クライアントヘッダーおよび フィルター セクションを変更する必要があります。Communities 用の Dispatcher の設定を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー