現在表示中:

このページでは、コメントシステム(コメントコンポーネント)の操作に関する基本事項、およびメンバーによるコメントまたは返答の投稿時に生成されるユーザー生成コンテンツ(UGC)を管理するためのオプションをまとめています。

個々の投稿がそれぞれ単一のコメントコンポーネントで表されるように、コメントシステムが確立されます。コメントコンポーネントはコメントシステムとしてページに組み込まれます。個々のコメントはコメントシステムを呼び出すことで作成されます。

クライアント側の基本事項

 resourceType social/commons/components/hbs/comments
インクルード可能 はい - プロパティはデザインモードで編集可能
clientlibs cq.ckeditor
cq.social.hbs.comments
cq.social.hbs.voting
テンプレート /libs/social/commons/components/hbs/comments/comments.hbs
 CSS /libs/social/commons/components/hbs/comments/clientlibs/commentsystem.css
プロパティ コメントの使用を参照

ページごとに 1 つのインスタンス

ページネーションを行ったり、URL を使用してキャッシュやリンクの作成を行ったりする場合、コメントシステムごとに一意の URL を使用する必要があります。したがって、コメントシステムのインスタンスはページごとに 1 つのみ使用できます。

その他の機能には、コメントシステムが既に含まれています。以下が該当します。

フラグ設定理由リスト

フラグ設定理由リストは、アプリケーションに flagreasonlist.hbs を追加して内容を上書きすることによってカスタマイズできます。

  • /libs/social/commons/components/hbs/comments/comment/flagreasonlist.hbs

これは、コメントシステムのすべての拡張コンポーネントに適用されます。

サーバー側の基本事項

投稿されたコメント(UGC)へのアクセス

UGC は、標準モデレート方法のいずれかを使用してモデレートする必要があります。
ユーザー生成コンテンツのモデレートを参照してください。

AEM 6.1 Communities 以降では、UGC の共通ストアを使用する際に、選択されたストレージオプション(ASRP、MSRP、JSRP など)に関係なく、プログラムによって UGC にアクセスする必要があります。

リポジトリ内の UGC の場所と形式は予告なく変更されることがあります

次のページを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー