現在表示中:

カスタムコメントシステムのコンポーネントがアプリケーションディレクトリ(/apps)に配置され、デフォルトのコメントシステムおよびカスタムモデル/ビューを参照する resourceSuperType が登録されたので、実装を変更できるようになりました。 

簡単なデモのために、ビジュアル機能(コメントを投稿するサインインユーザーについて表示されるアバター)を削除します。

注意:

拡張を使用するには、影響を受ける Web サイト内のコメントシステムのインスタンス(/content)によって、その resourceType がカスタムコメントシステムであるように設定される必要があります。

HBS スクリプトの変更

CRXDE Lite を使用して、次の手順を実行します。

  • /apps/custom/components/comments/comment/comment.hbs を開きます。
    • コメント投稿のアバターを含むタグをコメントアウトします(21 行目前後)。
      <!--
          <<img class="scf-comment-avatar {{#if topLevel}}withTopLevel{{/if}}" src="{{author.avatarUrl}}"></img>
      -->
  • /apps/custom/components/comments/comments.hbs を開きます。
    • 次のコメントエントリのアバターを含むタグをコメントアウトします(44 行目前後)。
      <!--
          <img class="scf-composer-avatar" src="{{loggedInUser.avatarUrl}}"></img>
      -->
  • すべて保存」を選択します。

カスタムアプリのレプリケート

アプリケーションを変更した後で、カスタムコンポーネントを再レプリケートする必要があります。

そのための 1 つの方法は次のとおりです。

  • メインメニューから
    • ツール/運営/レプリケーションを選択します。
    • ツリーをアクティベート」を選択します。
    • 開始パス」を /apps/custom に設定します。
    • 変更済みのみ」をオフにします。
    • アクティベート」ボタンを選択します。

公開済みサンプルページでの変更されたコメントの表示

パブリッシュインスタンスでエクスペリエンスを続行すると、同じユーザーとしてサインインしたまま、パブリッシュ環境でページを更新してアバターを削除する変更を表示できます。

サンプルコメント拡張パッケージ

このチュートリアルで作成したカスタムコメントアプリケーションのパッケージが添付されています。

ダウンロード

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー